貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

2017年4月26日水曜日

東芝の逆ギレを楽しむ!

本日は、米国公認会計士の端くれとして記載します。

まずは、日経記事です。
→ 東芝、監査法人変更へ 本決算巡りあらたと溝
>東芝が決算の会計監査を担当しているPwCあらた監査法人を変更する方針を固めた。
>米原子力子会社の過去の会計処理などを巡り意見が対立し、2016年4~12月期決算
>は監査法人による「適正」との意見を得られなかった。
>(中略)上場廃止を避けるため、あらたを変更し適正意見の獲得を目指す。
>後任は利害関係のない準大手の監査法人で調整している。

適正意見が現監査法人から貰えないから、東芝は監査法人を変えるとの事です。

こちらは、東芝問題に異様な執念を持って、報道を続ける現代ビジネスの記事です。
>東芝は、自分たちは監査法人から求められるがままのことを実行しているのに、
>彼らがどういうわけか決算を認めてくれないという主張を繰り出したわけです。
>続けて綱川社長は会社の経営状況について『実質的には十分な財務的基盤を保持
>している』と堂々と語り始め、その資金繰り改善のために『役員の報酬返上、
>役職者の給与減額、諸手当・日当などの削減といった施策を実施して
>まいりました』と主張。
>年収カットを受け入れていると強調することで、自分たちがまるで被害者で
>あるかのようにアピールし出した

確かに、「逆ギレ」ですね。
やっぱり、この位、ふざけないと、このバカ話は面白くありません。
いい感じに、なって来ましたねえ。。。

さて、適正意見が欲しいなら、「準大手の監査法人」なんて中途半端なところで探さないで、超零細監査法人である(笑)、「貴公子監査法人」を御利用ください。
たった30秒の超高速Reviewで、意見表明します。(世界最速Reviewが売りです。)

また、監査費用は、その辺の監査法人みたいに、一人日あたり、〇十万円なんて言う「貪欲」な事は言いません。
今なら、キャンペーン中なので、ジョッキ一杯で引き受けます。

安くて手軽の一方で、超精密監査ですから、世界のどんな組織や機関からの突っ込みにも耐え得ります。
どうぞ、「お気軽に」ご相談ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿