Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

2017年12月31日日曜日

”哀しみの貴公子”改め、”哀愁の貴公子”


Blockchain & Bitcoin Evangelist(伝導師)

貴公子公式公開鍵
183jMZqaVEwkUzambQrYmVE9ZVB2phYpYa



米国公認会計士(ワシントン州)

     
 アラフォー技術系国際ビジネスマン(海外6年)
30過ぎで、フィリピンマニラでフリーター4年
 現在、某大手IT企業の技術系管理職
 米国公認会計士(ワシントン州)
 元アマチュア格闘家(空手、キック)
 英語力に少々自信あり(英検1級&TOEIC970)
 KO大学卒業後、転職6回
 北海道拓殖銀行の元行員(新卒4年勤務後に拓銀倒産)


  
1) 30過ぎで、月給3万円、マニラフリーター戦記(4年)!
不動の累計アクセス数No.1です。
→→→ 「マニラの熱い夜、衝撃の序章」は、これですので、御堪能下さい。(笑)

2) 休日返上で毎日15時間働きながら、40過ぎの完全独学で、USCPA試験突破!
2013年8月、3年間の完全独学の後、USCPA試験最終合格!
その3年間の激闘記です。(総勉強時間3000時間超!)
最終的な戦績は、本試験で、4勝10敗。
* 4連敗→1勝→6連敗→怒涛の3連勝!
→→ Live ! USCPA受験戦記! (記事数170以上)
    【総括】 USCPA試験!   (記事数18)

3) 軟派系私大、母校慶応を斬る! 返す刀で、グロービスも不動産屋も斬る!
*** 人気!査定シリーズ を独立させました。現在、記事7本。鋭意、増強中です。***

4) アマチュア格闘家として鳴らした(笑)、貴公子のキック引退試合。
→ 「38歳、キック引退試合」 の模様は、こちら


5) 英語に関する過去記事は、ここにアップしております。(全15記事)

一日、ワンクリックをお願いします ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ にほんブログ村 英語ブログへ

2017年7月20日木曜日

村上世彰の本を今更、読む!

モノ言う株主、村上世彰の「生涯投資家」と言う本を読んでおります。
村上みたいな「よくしゃべるタイプ」は、人間的に好きになれないので、今まで関心が全くなかったのですが、本屋で平積みになっているのを、手に取って眺めたら、意外と面白そうだったので、買いました。


仮想通貨投資家(笑)としての貴公子にも、実利となるかも知れませんねえ。。。笑
(まあ、冗談は兎も角。)

内容としては、彼の半生が描かれており、中々、示唆的です。
父親も有名な投資家だった様で、子供にとっての親の影響は、良くも悪くも、大きいと改めて感じております。

今日は、お客さん回りで、早朝の北陸新幹線に乗っていたのですが、あまりのこの本の面白さに、行きも帰りもずっと読んでおりました。

お蔭で、新幹線の中で、まったく仕事をしませんでした。笑
まあ、この本に関しては、読み終わってから、別途、書評を書きますね。

あと、今更ですが、Java Scriptってこんな事もできたんだ! と最近、感動を覚えております。
副業で、ウェブアプリの開発を受託するのが今年の大きな目標の一つですので、そろそろ受託を開始しないとね。

兎に角、今週は、月曜日が休みだったので、早くも明日は金曜日とラクですね。
あと一日です。
頑張りましょう!


2017年7月19日水曜日

【仮想通貨】8月1日のハードフォークに関する貴公子最終見解!

貴公子が利用しているbitflyerと言う仮想通貨取引所からメールが先程来ました。
8/1と言われているビットコインチェーンの分岐(いわゆるHardfork)に関する連絡です。

「お客様の資産は守られます。なぜなら、仮に分岐しても旧ビットコインと同額の新ビットコインを付与するから。」と言っております。

新ビットコイン推進者は、Bitcoin Ultimateと言う新バージョンを作ると言っているし、既得権益層(旧ビットコインを十分に保持している初期メンバー)は、現バージョンを死守すると言っております。
ビットコインの強みは、中央管理者がいない事であるが、管理者がいない故に、亜流バージョンが今後も出てくる可能性があると言うリスクがある事に今更ながら気が付きました。

さあ、どうなるでしょうか?
専門家の中でも意見が分かれております。
「何も起こらない。現バージョンが存続し続ける。」と言う人もいるし、「分岐する。」と言う人もおります。

一つだけ言える事は、分岐した場合、現バージョンと同数の新バージョンビットコインをbitflyerから付与されても意味がないと言う事です。
分岐した場合、新旧のビットコインは、信用を失い、対円とか対ドルで暴落するでしょう。そんな時に、同数のbitcoin ultimateを貰っても意味がないです。

と言う訳で、何が起きるか分からないと言う事を考えれば、他の仮想通貨(Ethereumとか)に退避するか、あるいは、円に戻すかのどちらかです。
貴公子は両方やっておりますが、円に戻した分の内、初期投資の100万円分は、bitflyerの口座から引き揚げて、銀行口座に戻しております。(今回の混乱で、取引所のいくつかは倒産する事もあると思っております。倒産したら、突っ込んだ日本円も当然、戻りません。尚、仮想通貨取引所は金融機関ではないので、『預金保護』はありません。)

兎に角、8/1のハードフォークを固唾を呑んで見守っております。
これから月末に掛けて、ビットコインは下げてゆくでしょう。
分岐しない場合は、8/1以降、上昇してゆくでしょうが、分岐したら、仮想通貨はビットコインに限らず暴落します。(社会的信用を失うからです。)

貴公子の私見では、「分岐はしない!」と思っているので、7月下旬に十分に下がった時点で、ビットコインを買い増す予定です。
(まあ、分岐するかしないかは、最終的には、丁半博打ですが、貴公子はビットコインエバンジェリストとして、そう結論しております。)

年末までに、1ビットコインは100万円を目指すと思うし、数年後には1千万円になっていると思います。

さあ、どうなるでしょうか?
8/1が楽しみです!

2017年7月17日月曜日

我が国は、世界でもっとも成功した社会主義国家だ!

十分に休養の出来た3連休でした。
三連休の真ん中の日曜日は、子供を連れて、プールに行ったりしたが、それ以外は、自宅でのんびりとしておりました。

さて、購入したのは、5月だったが、中々、時間が取れなくて読めなかった本を読みました。FACTA編集部の「東芝 大裏面史」です。


東芝ウオッチャーの貴公子としては、面白過ぎたので、一気に読んでしまったのですが、一方で読後感が悪かった。

要は、安倍政権と官僚機構がグルになって、東芝を潰さない為に、奔走していると言う内容で、資本主義もへったくれもありませんなあ。。。
まあ、我が国は、社会主義国家だから、民間企業には常に官僚機構が介入しますが、東芝の場合は、度が超えておりますねえ。
そんなどうしようもない感想を持つ内容です。

東証にせよ、銀行団にせよ、監査法人でさえ、必死になって政権とか官僚の意向を忖度して、忠誠心競争をする自浄能力とは無縁の国家ですから、止むを得ませんが。
唯一の望みは、ホンハイとか、SK、あるいはWestern Digitalとかの外資が大騒ぎして、国際仲裁裁判所とかに訴えたりすることで、「正常な判断」が国際的に下される事です。

さあ、どうなるでしょうか?
社会主義国家の存続なのか? あるいは、健全な資本主義国家へと脱皮できるのか? が掛かる重大な岐路に我が国は立っております。
本件、引き続き注視します。

凄い言葉!

日経の記事ですが、凄い深い言葉です。
記事はこちら→ 100キロ連戦で味わった人生最長の走行時間

マラソンマニアの日経記者のどうでもいい連載記事なのですが、マラソンを趣味にする貴公子は、時間つぶし程度に読んでおります。
そんな中での下記の記載です。

>シベリア抑留を経験した詩人の石原吉郎が1960年にこんなメモを残している。
>「希望によって人間がささえられるのではない(おそらく希望というものはこの地上
>には存在しないだろう)。希望を求めるその姿勢だけが、おそらく人間をささえる
>のだ。」

深いです。
「希望を求めるその姿勢」こそが、人間を支えている訳で、希望とか夢の存在が人間を人間たらしめる原動力なのでしょうね。

貴公子は、IT技術的には、IoTとかブロックチェーンに注力しておりますが、今更ながらですが、ERPに縁が出てきました。
先週は、監査法人とERPパッケージベンダーとの引き合わせみたいな仲介業務に邁進しておりましたが、会計士とITベンダーの間を取り持ち、会計士を伝票処理とか仕訳業務とかの「雑務」から解放したいと言う「夢」を以前から、持っております。

この夢を実現したいですね。

2017年7月13日木曜日

諸事!

まず、「てるみくらぶ」関係です。
すっかり記憶の彼方に忘れ去られた、だまし取られたグアム家族旅行代金ですが、1%位は、弁済される様です。
こんな通知が、旅行業協会から来ました。(これで債権者らしくなりましたね。)
1%の弁済、嬉しいです。笑

後、グアム旅行ですが、近々、夏休みを取って、家族で行くことにしました。
今度は、HISで予約しました。
久しぶり(5年ぶり)のグアムを楽しんで来ます。

さて、ビットコインですが、今日の日経の記事です。
⇒ ビットコイン、1カ月ぶり安値 コインの分裂を懸念 

>インターネット上の仮想通貨ビットコインの価格が軟調だ。ビットコインの情報
>サイトを運営するコインデスクによると、ビットコインのドル建て相場は12日に
>一時2272.32ドルと6月15日以来およそ1カ月ぶりの安値を付けた。
>ビットコインの取引量拡大に向けて8月1日に新しい枠組みが適用される。
>新たな枠組みを巡る関係者の対立でコインが分裂するとの懸念が高まっているのを
>背景に売りが広がった。

私見では、8/1のHardforkに向けて、だらだらと下がり続けるのではないか?
ただ、8/1以降、新Bitcoinの価値が認められ、暴騰するのではないか? と思っております。
貴公子は、7月下旬に向けて、少しづつ売っていき(円や他の仮想通貨に交換し)、8/1以降に、ビットコインを買い戻してゆくと言う方法を考えております。

100万円投資した仮想通貨は、6月上旬に500万円近くまで膨れ上がったが、今は300万円強位に価値が落ちております。
上記の戦略で立ち回り、年末までに3000万円までに増やしたいと思っております。
(2017年末に3000万円。2018年末には1億円超を目指します。笑)

さあ、どうなる事でしょうか?
正に、マネーゲームです。

2017年7月9日日曜日

アジアの中で転落する我が国を憂う!

最近は、日本の行く末が心配になります。

まあ、貴公子が心配した所で、意味はないんでしょうが、誰かが気に掛けないと本当にこのままずるずると後退しそうで怖い。

東芝救済に関する政府対応を見ていても、どう考えても、東芝株主や日本経済の事を考えている様には見えません。
高級官僚が自分の天下り先を確保したいから、政府の息の掛かる状態に東芝を置いておきたいとしか見えないのだが、気のせいなのか?

確かに自分の利益を考えるのは大切だ。(貴公子も自分の利益を優先している。)
しかし、20%でも30%でも良いから、「公」(おおやけ)の事も考えてほしいと言うのは、ナイーブ過ぎる考えなのだろうか?

さて、日経の記事です。


(以下引用)
==============
最近は研究開発拠点を設置する動きも広がる。自動車大手の長城汽車は16年に拠点を設け、電気自動車(EV)や自動運転の研究を開始。中興通訊(ZTE)もあらゆるモノがネットにつながる「IoT」の拠点を都内に開設した。

 すでに研究拠点を持つ華為はさらに生産まで乗り出す。日本は人件費の高さが課題だったが、中国の人件費が上昇して差が縮小。日本の割高感が薄まり、華為は新工場で生産管理の人材を多く採用する予定。中国流の低コスト大量生産と組み合わせ、品質と価格競争力を両立させる。
==============

いつの間にか、シャープは台湾企業になったし、東芝には韓国企業の資本が入る見込みです。
10年くらい前から、多くの企業が欧米系に買収されておりますが、最近は我が国の一流企業が、アジアのライバル企業の手に落ちております。
今後も、この傾向は続きそうな感じです。
最近、上海やソウルに行くと、東京以上の物価の高さは当たり前だし、何だかアジア諸国にどんどん抜かれている気がします。

さて、こちらも日経の記事です。
⇒ [FT]東芝は企業の惨事を芸術の域に高めた
===================
 東芝は上場廃止に追い込まれる恐れがあり、倒産するかもしれないと言うアナリストもいる。だが、条件反射で日本株式会社の頂点における地位は永遠だと思い込む東芝は、投資家の目には、会社側の正式な謝罪の意の表明が示唆するほど心配しているようにも、悔いているようにも映らない。
=====================

これが問題なんだよなあ。。。
今そこにある危機なのに、危機感がない。
こんな感覚だから、タフなアジア企業に徹底的に簒奪される訳で、平和ボケ、ここに極まれりだと思う。

最近、我が国の将来を考えると、悲壮感の連鎖が止まらなくなります。
我が国の将来を憂う!


2017年7月4日火曜日

8/1に向けて、こんな感じでコインを集めております。

不思議な程、8/1に起こるであろう、bitcoinのHardforkに対して、無関心な方が多いですが、貴公子は簡単に考えてはおりません。

当初の投資金額は100万円で、 BitflyerやCoincheckと言う取引所で、各種暗号通貨を買い、さらに購入した暗号通貨を電子財布に移動しましたが、それらの過半をBitflyerの口座に集めております。

そして、集めた暗号通貨を少しずつ売って、円に戻しております。
現在、円残高は88万円ですが、これを100万円まで戻して、その100万円を三井住友銀行の口座まで戻す予定です。
最低でも、投資元金の100万円を赤字にしたくはありませんので。


「100万円まで戻すのは兎も角、そのままBitflyerの口座に円資金で置いておけばいいじゃん。」と考えた、そこの貴方!
甘いです。

生産中止になるカールチーズ味に、はちみつと砂糖をたっぶり掛けたよりも甘いです。
元拓銀行員で破綻時に資金証券部に在籍し、資金繰り破綻を真近で見たり、てるみくらぶ倒産で、家族のグアム旅行代金がぶっとんだ貴公子からすれば、「Bitflyerの口座に円のまま突っ込んどけばいいじゃん!」と言うのは甘すぎる。

Hardforkで、暗号通貨業界が大混乱となった場合、取引所に1つや2つが資金繰り破綻する可能性は、少なからずあると思います。
そこまで考えます。

従って、換金したbitcoinは、Bitflyerの外の普通の商業銀行宛に出金します。
8/1のHardforkは、何が起きるかドキドキです。
IT技術者としても注目しております。

2017年7月1日土曜日

8月1日のHardforkに関する貴公子の考え。


ソフトウェアの世界では、アップデートは避けて通れません。
bitcoinも同じです。
8月1日に、世界的なユーザー連合が提唱しているアップグレードにより、bitcoinシステムが新旧バージョンに分岐する可能性があります。
新バージョンを、bitcoin Unlimitedと呼び、既存のbitcoinと区別する様です。

世界的に大騒ぎしておりますが、我が国ではあまり話題なっておりません。
知らないと言うよりも、無視していると言う状況です。
貴公子が、日本のbitcoinユーザーの掲示板で問題提起しても、「何も起こらないよ。大騒ぎし過ぎ。」とかのコメントが多いですが、これは流す問題ではありません。

8月1日に起こるであろう、Hardforkとは、一体何か? については、この辺に書いてあります。

上記の記事をそのままコピーしたのではないか?と思われる位、似ているのが、貴公子が使っている暗号通貨取引所bitflyerの公式見解です。

でもって、ユーザーは一体、どうすれば良いのか? に関しては、こちらのサイトが良いと思います。→ ビットコインのハードフォークへの備え方(ユーザー向けFAQ)

色々な人が色々と言っておりますが、要は、8月1日以降、新旧バージョンが混在する事になる可能性が高いです。
bitflyerなどは、「旧バージョン相当の新バージョンを、そのまま差し上げます。」と言っており、実際にそうするのでしょうが、分岐後に新旧バージョンがどういう価値を持つかは誰も分かりません。

もしかしたら、「突然、分岐する様な『通貨』は信用できない。」と言う事になって、価値が暴落するかもしれないし、逆に、「新バージョンは素晴らしい。」となって暴騰するかも知れません。

この辺まで考えながら、どうすべきかは各人にて考えるべきでしょうね。


2017年6月30日金曜日

今回の都議選では革命が起きる!

断わっておきますが、貴公子は、保守主義者です。
右とか左と言う意味では、中道よりやや右に位置すると思っております。
従って、政党で言えば、古くからの自民党支持者ですが、今の安倍政権は、保守とは真逆の縁故主義です。
最近は、時計の針が、江戸時代まで戻っている様な感じを受けます。

今の安倍政権は、お友達の中で「回している」だけです。
加計学園だか、火刑だか知らないが、火刑の理事長は、安倍のお友達だから、要は、「次は俺にも回してよ。」とか寿司食らいながら、安倍にお願いしたとしか思えない。
実際は、厳正に裁定されて、結果的に「回った」のかも知れないけど、貴公子も含め、国民の大部分は、「仲間内で回した。」としか思っていない。

実際に、そう思わざるを得ない「前科」はある。
暴言姫の稲田防衛大臣が、何度も失言しようとも、安倍も管も、必死になって守っております。
そう言えば、知り合いの中央官僚も、「安倍政権になってから、毎年凄い勢いで給与があがっている。」とホクホク顔です。
これも、仲間内で回していることの一例です。

このお友達政治は、国家を分裂を意図した策動であるとさえ言えるレベルの暴挙です。
そうであるので、下記みたいな議論は、タイトルを見ただけで読む気がなくなります。
加計問題・愕然とするしかなかった「前川新会見」の空疎な中身

厳密に分析したら、火刑は問題ないのかも知れないが、そういう冷静な議論には、反射的に拒絶反応が起きます。
「どうせ、また仲間内でまわしてるんでしょう?」としか、国民の大部分は思ってない訳で、この風潮は国体崩壊の危機とさえ感じております。

真の保守主義者を標榜する貴公子としては、安倍の為に、国家が崩壊するのは看過できません。
でもって、日曜日の都議選ですが、貴公子の選挙区では、最後の一議席を、都民ファーストの2人目、共産党、民進で争っている様です。
民進は入れる気にならないので、都民2人目に入れることします。

自民は今回の都議選で、惨敗すべきだ!
自民党よ、襟を正せ!