Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2017年12月31日日曜日

”哀しみの貴公子”改め、”哀愁の貴公子”


Blockchain & Bitcoin Evangelist(伝導師)

貴公子公式公開鍵
183jMZqaVEwkUzambQrYmVE9ZVB2phYpYa



米国公認会計士(ワシントン州)

     
 アラフォー技術系国際ビジネスマン(海外6年)
30過ぎで、フィリピンマニラでフリーター4年
 現在、某大手IT企業の技術系管理職
 米国公認会計士(ワシントン州)
 元アマチュア格闘家(空手、キック)
 英語力に少々自信あり(英検1級&TOEIC970)
 KO大学卒業後、転職6回
 北海道拓殖銀行の元行員(新卒4年勤務後に拓銀倒産)


  
1) 30過ぎで、月給3万円、マニラフリーター戦記(4年)!
不動の累計アクセス数No.1です。
→→→ 「マニラの熱い夜、衝撃の序章」は、これですので、御堪能下さい。(笑)

2) 休日返上で毎日15時間働きながら、40過ぎの完全独学で、USCPA試験突破!
2013年8月、3年間の完全独学の後、USCPA試験最終合格!
その3年間の激闘記です。(総勉強時間3000時間超!)
最終的な戦績は、本試験で、4勝10敗。
* 4連敗→1勝→6連敗→怒涛の3連勝!
→→ Live ! USCPA受験戦記! (記事数170以上)
    【総括】 USCPA試験!   (記事数18)

3) 軟派系私大、母校慶応を斬る! 返す刀で、グロービスも不動産屋も斬る!
*** 人気!査定シリーズ を独立させました。現在、記事10本。鋭意、増強中です。***

4) アマチュア格闘家として鳴らした(笑)、貴公子のキック引退試合。
→ 「38歳、キック引退試合」 の模様は、こちら


5) 英語に関する過去記事は、ここにアップしております。(全15記事)

一日、ワンクリックをお願いします ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ にほんブログ村 英語ブログへ

2017年11月25日土曜日

とうとう、Ethereumが暴騰した!

Ethereum(ETH)ですが、ここ1週間くらいで、40%程度の暴騰をしており、ついに円換算で最高値、51000円超を達成しております。


ETHは、貴公子が注目していた暗号通貨ですが、ここ半年程度は、冴えませんでした。
それでも、根気よく保持していた甲斐がありました。
貴公子の暗号通貨残高も、ETH暴騰に伴い、膨張しております。

たった今、Bitflyerの口座残高は、630万円程度ですが、ETHやETCが暴発してくれれば、Rippleの暴発が無くても、年内1000万円は、可能かもしれません。
年末残高1000万円がとりあえずの目標です。



2017年11月24日金曜日

「てるみくらぶ」のリアル被害者です。弁済率は、3.5%でした。

「てるみくらぶ」リアル被害者の貴公子です。

「てるみくらぶ」が破綻し、払い込んだ家族のグアム旅行代金が消えたのが、今年の3月下旬です。(その後、HISで申し込み直して、結局7月に行きましたが、カネが飛んだのは悔しいですね。)

本日、その「てるみくらぶ」が所属していた旅行団体から、弁済金が戻ってくる事になりました。
弁済額は、下記の様に、3.5%です。


倒産直後は、弁済額は1%と言われていたので、多くの人は、馬鹿らしくなって、弁済手続き自体をしなかったのでしょうね。
その分、弁済率が上がったのでしょう。
予想外の高い弁済率なので、率直にうれしいです。

まあ、「一円を笑う者は、一円に泣く。」とはよく言ったもんで、貴公子は、こういう時は、金額が小さくても、しっかり手続きをします。

良かった。良かった。
これで、気持ちよく、年を越せます。笑

さて、「てるみくらぶ」で、振り込んだカネが消えた時は、頭に来ましたが、逆にその時の怒りが、貴公子の仮想通貨投資に火を付けました。
「てるみくらぶ」破綻直後に、仮想通貨取引所のBitflyerでの投資総額を100万円に増やして、暗号通貨投資に本腰を入れました。
今や、円換算残高は、620万円となっておりますので、4月からの7カ月で、6倍以上に増やした事となります。
その意味で、「てるみくらぶ」での損失は、20倍にして、取り戻しました。


貴公子に火を付けた、「てるみちゃん」には、感謝すべきなのかも知れませんねえ。。。

この記事を読んで、羨ましいと思った方には、一つ情報を差し上げます。
暗号通貨、特にビットコインの実力は、こんなモンではありません。
年末に、1ビットコインは、現行の92万円から120万円程度まで上昇すると思います。
2020年ごろには、1億円に達していても貴公子は驚きません。

暗号通貨は、未来の通貨ですが、未だITの専門家も含めて、その実力を見切れている人は、世界的に少数だと思っております。
今、暗号通貨に投資する事は、創業時のマイクロソフトやグーグルに投資をする様なもので、5年で1000倍とかになると貴公子は思っております。

ただ、これは貴公子の個人的な見解であり、貴公子は何の保証もしません。
最悪、仮想通貨がゴミとなって、無価値となっても、一切の責任を貴公子は負いません。
投資は自己責任でお願いします。

2017年11月23日木曜日

【ラン】来月、フルマラソンに参加する事にしました!

久しぶりに、ランについて書きますね。

今年は、3月に板橋シティマラソンでフルマラソンを初完走するなど、昨シーズンは、毎月の様に、フルやハーフに出場しました。
ただ、今シーズンは、公私共にとても忙しく、週末のジョギングはそれなりにやっているものの、レースと言う意味では、10月の豊洲マラソンで12.5キロと言う超中途半端な距離を走っただけで、それ以外の予定は立てておりませんでした。

しかしながら、年の瀬も迫る中で、やはりもう少しやりたい気になってきたので、12月中旬に、民間団体がやっているフルマラソンに参加する事にしました。
このレースが、通算9レース目となります。
制限時間が5時間とキツイですが、何とか、時間内完走を目指したいとは思います。

その後、12月の最終週位に、ハーフに出場したいと考えておりますが、こちらはどうなるか分かりません。
今年も、もう大詰めですね。
もう少しです。
頑張りましょう!

東芝 & 三菱重工に見る、我が国の幼稚化!

今週は、忙しかった。。。

今まで貴公子がいたビジネス界では、辛辣な言葉が普通に飛び交っていたし、貴公子もそこにプレーヤーとして大いに参画しておりました。
つまり、その手の環境には慣れております。

つい先日、今の会社で某失敗プロジェクトのPMに、突然、アサインされました。
あまりにもダメすぎるので、関わりたくなかったのですが、アサインされたので、渋々と受託しました。
早速、「何がダメなのか?」の洗い出しから始めたのですが、まずプロジェクトのフォーメーションからしてなってないですね。

また、PJメンバーとも、既に何度か会合を持ったのですが、いきなり、「貴公子の言葉が、辛辣過ぎて、メンバーの一人がその上司に泣き言を言った。」との『苦情』が入ってきました。
結構、大騒ぎになりましたが、失望を通り越して、笑っちゃいます。
貴公子からすると、「だから、ダメプロジェクトなんだ。」と思いますね。

そもそも、最近の若者は、甘え過ぎだし、貴公子世代も若者に媚び過ぎです!
ウチの会社にも、「僕は、褒められて伸びるタイプです。」とか公言する、『かまってちゃんタイプ』が多いが、言葉を失いますねえ。。。
中途半端に運動して、中途半端に勉強して、中途半端に大学を卒業して、中途半端に就職して、中途半端に恋愛して、中途半端に仕事している奴が多いから、最近は、こんなのばっかりです。
常に、「〇〇ちゃんは、優秀だねえ。〇〇ちゃんこそが、このPJのエースだよ。」とか、褒められ続けていないと、臍を曲げる奴が多くて、笑っちゃいます。

そして、そういう若者に媚びへつらう上司を、「気さくで、親しみやすい、お友達タイプのマネージャー」とか言って、高評価をする日本の会社が多いのも問題だと思う。

無能と言うか、日本全体が、幼稚化していると思う。ビジネスを、バカ大学のチャラ系テニスサークル活動みたいに勘違いしている、バカが多すぎる!

さて、お友達組織と言えば、東芝です。
→ 東芝、6000億円の増資決議 今期末の債務超過回避

>増資は海外約60社の投資家に引き受けてもらう。旧村上ファンド出身者が設立した
>エフィッシモ・キャピタル・マネージメントや米キング・ストリート・キャピタル
>・マネージメントなどに割り当てる。(中略)増資後のエフィッシモの株式保有
>比率は11%強(現在は10%弱)に上昇し筆頭株主のままだ。

要は、東芝メモリーは勿論、東芝本体までも外資に乗っ取られると言う事です。
エフィッシモは、実質的に、あの村上世彰の影響力を強く受けたハゲタカファンドです。
(ハゲタカが、悪いとは全く言ってないです。資本主義社会では、完全に正しい企業姿勢であり、尊敬さえもしております。)
尚、最近、読んだ下記の本は、とても素晴らしかったので、一緒に紹介します。


東芝も、度重なる投資の失敗と、契約のミス等が絡まって、完全に、外資の草刈り場となってしまいましたね。
我が国のビジネス界全体が幼稚過ぎて、外資の毒牙にあまりにも簡単にかかってしまいます。
以前、「日本でのビジネスは簡単すぎて面白くない。」と公言する台湾人ビジネスマンが貴公子の周りにいたが、「歯ごたえ」が無さ過ぎて、逆に退屈なんでしょうね。
彼は、「俺は、武装して戦場に来たつもりだったけど、東京のお花畑を、毎日、ハイキングしてるよ!」なんて、嘯いていましたねえ。

こちらは、三菱重工の記事です。
初のキャンセル濃厚 MRJ、7年前の痛恨

>MRJの開発コストは三菱重工が当初見込んだ2000億円弱を大きく上回り、
>すでに5000億円弱に達したもようだ。三菱航空機は今年3月の時点で500億円超
>の債務超過に陥った。
>ある外国人技術者は日給10万円の高給を手にしているという。(中略)
>「かつて外国人技術者は手足で、意思決定には参加させなかった。今はどんどん決定
>させている」(三菱重工関係者)と社内も驚くほど、外国人頼みが鮮明になっている。
>(中略)エンブラエルやボンバルディアと並んで、中国も「ARJ21」を開発して
>猛然と巻き返しに出ている。

何度も書きますが、たかが飛行機です。

今や、実質先進国の中国は勿論、ブラジルとかインドの様な中進国だって、飛行機くらいは簡単に作ってます。
ましてや、三菱は、エンジンは外国製を使っております。それなのに、未だできない。
つまり、飛行機を組み立てる事さえも、ちゃんとできない訳です。
スーパーループとか、移動ロケットでも何でもなくて、100年前からある飛行機ごときで、四苦八苦する我が国は、一体、何なんだ?

本当に、我が国は大丈夫なのか?
お友達社会の日本は、劣化してゆくばかりですなあ。。。
幼稚化、衆愚化する我が国を嘆く!

2017年11月21日火曜日

日本人のバブル恐怖症は、トラウマレベルだ!

ビットコインですが、最高値を更新しております。
→ Bitcoin's Price Climbs Above $8,000 to Hit New High

オプション型投資商品の出現も、最高値構成に影響があった様です。
→ First Long-Term LedgerX Bitcoin Option Pegs Price at $10,000

ビットコインのチャートです。

ご覧の様に、ここ半年で、8倍程度に上昇しております。
日本人は、1990年代初頭のバブル崩壊がトラウマとなっているので、すぐに、「こんなのバブルだ。」とか言いますが、うるさいですねえ。笑
「バブル」もしばらく続くと、本物になります。

中国経済は、ここ30年くらい、拡大を続けておりますが、2000年代初頭から、「こればバブルだ。必ずはじける。」と言われ続けておりました。
特に、2008年の北京オリンピック直後には、その趣旨の本が、東京の本屋で平積みとなっておりました。

しかしながら、実際は真逆で、「バブル崩壊」どころか、経済は拡大し続けました。
今や世界でもっとも進んだFintech国家であるし、最先端の研究型企業が中国南部に集積しており、「知の大国」となりつつあります。
勿論、経済も急拡大しております。
つまり、「バブル」は本物となりました。

翻って、仮想通貨は?
世界レベルで最優秀な人間が、この業界に大挙して押し掛けており(詐欺師も、多少、混じっているが)、各種技術開発が進んでおります。
この辺は、ヤクザが力技で、土地を転がしていた1980年代末期の「日本型不動産バブル」と根本的に異なるところです。

仮想通貨投資は、バブルではなく、技術革新であると思っております。
また、バブルだとしても、「バブル万歳」です。
再度、予測しますが、年末に1ビットコインは120万円程度。Ethereumは、10万円位まで上昇すると思っております。

尚、貴公子の現在のBitflyerの残高は、600万円を超えております。
11/1に、473万円でしたから、3週間で130万円弱、増えております。
「3週間で130万円!」なんて、大したこと無い様に見えますが、増加率で言えば、30%近いわけで、そこそこかとは、思っております。
11/21のBitflyerの残高

2017年11月19日日曜日

日馬富士の酒席暴行事件から、酒を考える!

二転三転する現役横綱の酒席暴行事件ですが、レベルが低い事は間違いないが、まあ色々と示唆的な話もあると思うので、敢えて書きますね。
こんな様な話です。→ 貴ノ岩も殴っていた!夏巡業中、同じモンゴル人力士を…日馬富士激怒の一因か

要は、良くある酒の席のトラブルですが、角界の最高位である横綱の『犯罪』であるから、世間的に大騒ぎとなっております。
まあ、各種報道を見ると、日馬富士は、普段は穏やかな人らしいし、後輩思いで、責任感のある人の様です。
まあ、一方で、被害者の貴ノ岩と言うのは、無礼なクセ者みたいですね。
日馬富士たる者が、付き合う人を選ばなかったのは、日馬富士の失態ですが、それはそれとして、「酒の怖さ」と言うのを痛感しますね。。。

角界では、5~6年前に、当時のバリバリの現役横綱の朝青竜が、酒のトラブルで引退となりました。(あのトラブルさえなければ、今でも横綱だったでしょうね。白鵬よりも全然、強いと思っております。)
プロ野球では、今年、巨人のエース級の投手が同じく、トラブルを起こし、今や現役続行の危機に立っております。

政治の世界や芸能界では、酒席のトラブル一発で、引退へと追い込まれる人間が頻発しており、「酒の怖さ」を感じるこの頃です。

さて貴公子は、ここに宣言しますが、会社の飲み会系には、今までも殆ど、出席しませんでしたが、これからは一切、出席しない事にしようと思います。

接客関係で、どうしても必要な場合は出席はしますが、そんな時も「体調が悪い。」とかテキトーな事を言って、ウーロン茶を飲む事にします。
「酒が怖い」からと言うよりは、はっきり言って、会社の人間と酒を飲むほど、暇ではないし、第一、楽しくも何ともないです。
会社での飲み会は、時間の無駄としか思えませんねえ。。。。

勿論、一緒に仕事をする中で、気心が知れ、価値観が合うと思える人とは、銀座のビストロかなんかで、ワインでも呑むことはあると思いますが、その辺の貧乏くさい安居酒屋で、会社の不特定多数の同僚とで、「みんなでワイワイ」と言うのは、今の貴公子にとっては、何のプラスにもならないです。

もう年末が近づきつつありますが、気心の知れた、昔の同僚や学生時代の旧友との忘年会予定は、少しは入っております。
ただ、それ以外の忘年会は、全部、キャンセルだ!

これまでの貴公子は、誘われれば誰とでも酒を飲みましたが、今後は、厳しく選別させて頂きますので、ここに宣言します! 笑

AICPAに関して、良い記事がアップされております。

久しぶりに、AICPAについて書きますね。
日経WEDGEで良い記事がありました。→ ちょっと変わった資格試験「米国公認会計士」

>「公認会計士」と聞くと、難関資格であるイメージが先行してしまいがちだが、
>この「米国公認会計士(USCPA)」には、社会人が取得するメリット、
>そして今の時代に見合う価値が十分にある。

予備校が客集めに多用するフレーズ、「誰でも簡単に取得可能。」みたいな変なバイアスもかかっておらず、記事全体が、とてもフェアだと思います。

AICPA試験の「真の難易度」については、散々、過去に書いたので、もう書きませんが(知りたい人は、こちらを読んで下さい。→ 【総括】USCPA試験!)、AICPAの価値については、WEDGEの記事通りだと思います。

貴公子にとって、今やAICPA関連の活動は、本業と同じ位の重みがありますが、その価値はあると思っております。
ご参考になれば!

2017年11月17日金曜日

拓銀崩壊20周年に、20年後を考える! (改訂2)

今日は、2017年11月17日ですね。
新卒で勤務していた拓銀が崩壊したのが、1997年11月17日ですから、ちょうど20年ですね。
日経でも、特集をやっております。→ 「拓銀」を超えて 破綻20年、危機克服と地域再生に挑む

実は、貴公子もあるメディアに元拓銀行員として、今週、紹介されました。
少しノスタルジックに掛かっております。
あれから20年かあ。。。
長い様で、あっと言う間でしたねえ。。。
そんな感慨に浸っております。

さて、話は飛びます。
司馬遷の史記は貴公子の愛読書ですが、もっとも心酔するのは、劉邦でも項羽でもなく、悲劇の大将軍韓遂です。
韓遂が劉邦に仕えたからこそ、劉邦は天下を統一できた訳で、それだけの功労者であるにも関わらず、最後は、韓遂の才能を恐れた劉邦に天下統一後に、用済みとされ殺害されました。
正に、哀愁を感じる天才です。
韓遂の事を考えると、いつもすべての事が諸行無常に思えるし、同時に下らなく感じます。

その意味では、某メディアの記者とのインタビューでも、何度も強調したのですが、拓銀崩壊ごときは、貴公子のその後の人生においては、何の影響も及ぼさない、超些細でアホらしい出来事でしかないと言い切る!
拓銀ライフは、当時も今も、貴公子のビジネスマン人生に於いて、何かしらの影響力を持つ要素ではありませんなあ。。。
ましてや、拓銀から人生の糧となる様な教訓を得たと言う自覚は、皆無です。
強いて言えば、記憶にも残っていない人生の通過点と言った感じであり、「青春の輝く1ページ」みたいに、朝日新聞的な美化をするつもりもありません。

ぶっちゃけ、拓銀どころか、今の大手IT企業での技術者生活も、前職の日系グローバル企業での海外勤務も、貴公子の比国4年の激闘フリーター生活に比べれば、冗談みたいなもんです。
「どんなに忙しかろうが、精神的なストレスがあろうと、物理的に撲殺されることはない。」と言う一点のみにおいて、比国時代とは比較にさえなりません。
あの比国時代をサバイブした貴公子にとって、過酷過ぎる状況と言うのはあり得ないです。
尚、30歳からの4年間のマニラ生活はこちらに詳しく書いております。
全9回シリーズの序章はこちら。→ 激闘!マニラでの4年間(序章 マニラへの道) 

拓銀崩壊から20年であり、貴公子のビジネスマン生活は24年目になりますが、自分の未来どころか過去さえも賭けて、本当に全身全霊で自己の知力の限界で戦ったのは、比国の4年間だけでしたね。

さて、20年後に貴公子はどうしているのであろうか?
おそらく、まだバリバリに働いていると思いますが、「好きな仕事を続けながら、家族と一緒にいれれば幸せ!」とか、ヤワな事を、貴公子は言いません。

兎に角、バトルが、徹底的に足りない!
血も報酬も、両方足りないと言っても良いかも知れない。

もっと言えば、あの比国4年間に対する、報酬を受け取っていません。
カネに換算できる様なものでは勿論ないが、敢えて換算したとすれば、年収1千万円とか2千万円とか、そういうレベルではないですなあ、あの4年間に対する適正報酬は。。。

そんな事を、拓銀破綻20年を機に考えます。
もう一度、勝負して、完勝するしかないでしょうね。
そうでもしないと収まりがつかない気が、急にしてきました。

ただ、次回の勝負は、ガッツ体育会でなく、もっと洗練した形でやりたいですね。

今夜の名曲です。
拓銀1年目の1994年の大ヒットソング、山根康弘のGet Along Together .


1992年のヒットソング。小野正利、you are the only...
この曲には、個人的に思い入れがあります。

ビットコインが最高値更新しました!

昨夜、ビットコインは、89万円直前まで上げた様ですね。

この暴騰に伴い、貴公子のBitflyer口座残高は、今朝、554万円となっております。
11/1時点で、473万円であったので、ここ2週間で80万円超、円建て残高が増えた事になります。
11/17早朝のbitflyer残高
「2週間で、80万円の利益!」と聞けば、悪くない様に思うのかも知れませんが、貴公子からしたら、桁が一桁低いです。
暗号通貨の実力はこんなもんでは有りません。
何と言っても、未来の通貨ですから。。。

年末残高1千万円を目指して、もう少し売り買いをします。
良いニュースとしては、Bitflyerで扱っていないRippleを『大量保有』しておりますが、少なくとも、今日は暴騰しております。
Rippleは今年春に、1週間で10倍上昇した『前科』があるので、ここの暴騰に掛けている状態です。

さあ、金曜日の朝です。
今日一日、頑張りましょう!