Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

2015年9月27日日曜日

SAPIO誌の大前研一氏の記事に、21世紀のビジネスを見た!

最近は、すっかり極右化し、訳の分からない排外主義運動組織の機関誌となっているSAPIO誌であり、定期購読もとっくに止めてはおります。
それでも、大前研一氏が投稿を続けている内は、駅の売店で買おうと思います。
今回も、そういう成り行きで購入しました。

SAPIO

今回の大前氏の記事は、衝撃的です。
正に、「こういうことだったのかあ!」と腹にストンと落ちる内容でした。

「3つのクラウド時代が到来した!」との書き出しで始まる記事で、21世紀型ビジネスの考察をしているのですが、面白いを通り越して、凄いです。

>「大企業が生き残る為には、可能性のある新規事業を次々と立ち上げていく必要がある。」

>「仮に、100の事業を立ち上げて多くがダメでも、ひとつかふたつがうまく行けば上等だ。」

>「よく言われる、『選択と集中』なんて古い、あんなのは老年期の大企業の『終活』である。
>成長の為にやる事は、挑戦、挑戦、また挑戦である。」

との事であります。
3つのクラウドとは、クラウドコンピューティング、クラウドソーシング、そしてクラウドファウンディングを指し、それらが相まって、従来のビジネスモデルを根底から変換しているとの視点から書かれた記事です。

そうなんでしょうね。
選択と集中とか言って、Board Meetingでのんびり決裁している自体が、スピード感としてはダメなのでしょうね。
また、一事業の失敗を、グダグダと分析検討している自体がダメでしょう。
兎に角、失敗を気にしないで、挑戦を続けると言う姿勢が必要なんでしょうね。

大前氏の記事には、たまに途轍も無く、切れ味が鋭いものがあります。
今回の記事は、正に白眉です。

上で指摘されている3つのクラウドの内、技術的なものはクラウドコンピューティングだけです。
後の2つは、ビジネス的な要素で、多くのビジネスパースンが対応可能なものです。
起業の時代の到来なのであろうか???


0 件のコメント:

コメントを投稿