Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

2014年12月31日水曜日

書き掛け中の「猛者論」は廃棄の上、一行で書き直します!

今年の秋から、本ブログにて、「上奏宣言」をしていた猛者論ですが、年内完成を目指して、2000字程度ですが、書き進めておりました。
全部書くと、4000~5000字程度にはなるでしょうね。

しかしながら、書き掛け中の猛者論を廃棄することにします。
理由は、3時間前にアップした、「WBOの新チャンプ・井上尚弥にしびれた!」の記事を書いている際に、執筆中の猛者論は、ぐちゃぐちゃ書き過ぎだと突然、気が付いたから。

上記の記事には、下記の様に記載しました。

>判定狙いとかではなく、最初から、倒しに行っていたその精神力が凄い。
>だって、21歳ですよ。
>そして、相手は百戦錬磨の39歳で、12年間チャンピオンベルトを保持して、世界のボクシング界>ではレジェンドと化している男です。
>そんな伝説の男を相手にして、全く臆することもなく、1ラウンドの最初から倒しにいこうとする、>その負けん気は、尋常ではありません。
>正に規格外の豪傑ですね。

そう、彼こそが猛者です。
がたがた細かい戦略を考えるのではなく、シンプルに、「倒しに行く。取りに行く。」と言う姿勢で十分だし、その姿勢こそが猛者です。

ビジネスマンも同じですね。
要は、「がたがた考えずに、進め!」と言うことです。
それこそが、猛者です。
非常に、シンプル!

今回の貴公子は、2回りくらい若い、21歳の若者に教えられましたね。
貴公子も、自称、猛者として、がたがた考えずに、進みます!



0 件のコメント:

コメントを投稿