Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

2012年10月11日木曜日

【Globiz】 幼稚で、退屈な講座だった!

既に、受講終了してしまったが、Globizと言う、自称、「経営大学院」の単科講座に、縁あって、
数ヶ月通っていました。
毎日通学と言う訳では勿論なく、2週間に一度、3時間のセミナー出席と言うコースでしたがねえ。
因みに、自腹ではありません。(自腹だったら、間違っても申し込みませんねえ。)

Globizのホームページはここ。 → http://gms.globis.co.jp/

参加していたのは、「クリティカルシンキング」と言う講座。

(上記サイトのキャッチフレーズ)
=======================================================
この科目では、ビジネスを進めていく上で必要不可欠な論理思考力(コミュニケーション力や問題解決力など)の強化を目指します。これらの力を鍛えることは、スポーツに例えるなら基礎体力を養う筋力トレーニングのようなものです。
論理思考の基本を身につけることで、ビジネスのスピードとクオリティを効率的に高めていくことができます。
=================================================================

まあ、3ヶ月間、出席し、課題等をせっせと提出して、やり終えた上での発言ですが、「ビジネスパーソンには、無意味どころか、有害だ!」と言い切ります。

説明しましょう!
例えば、「顧客からのクレームは宝の山か否か?」と言う命題に対して、賛否の意見を出し合い、みんなで話し合うと言う様な趣向を、延々とやっておりました。

「賛否自体が問題ではなく、賛否に至るまでの思考過程が重要だ。」みたいな事を講師は、ずっと言っていたし、また、「自分の立場を明確にして、意見を組み立てるべき。」とかを言っていた。

率直に言って、幼稚だと思う。
大体、大の大人が、こんな抽象的な仮定に基づいて、意見を言い合い、見ず知らずの相手に、「あなたの考え方は、少し論理が飛躍している。」とか「鋭い指摘ですねえ。私も意識を改めました。」を指摘し合ったり、褒めあったりしている訳ですが、「ドひま、ここに極まれり!」と言う感じであった。

また、「他人の意見をよく聞いた上で、皆が納得するソリューションを出さないといけない。」とも言っていたが、「ふざけ過ぎ」ですねえ。
人の考えなんてのは、経験や教養によって、千差万別な訳で、皆が皆、納得できる意見なんて、「単なる退屈な、毒にも薬にもならない、綺麗ごと」でしかない訳です。
講師は、結局、そういう綺麗ごとに、回答を誘導しようとしているのが見え見えでした。

こうした事なかれ主義、付和雷同、空気読みまくりみたいな日本社会の風潮が、日本企業をここまで駄目にしている訳で、それを助長する様なGlobizセミナーは、日本社会を弱体化させたい、アメリカ政府の手先ではないかと疑いたい位です。(笑)

結局、議論の落ち着きどころも、「お客さんの意見に真摯に耳を傾けることは、重要です。」みたいな「模範解答」通りの結論になります。(と言うか、講師がそういう風に誘導している。)

参加者は、それなりの企業の中間管理職レベルが多かったですが、こんな「かったるい議論」をしていていいのかと疑問を持たざるを得ない。
(大学の時の金融論のゼミの討論会の時の方が、「参加者はみな一定の知識がある。」と言う前提があった分、遥かにエキサイティングであったと思う。)

また、セミナーの参加者が、変にみんな生真面目で、「土曜日に勉強ルームに集まって、みんなで復習しましょう!」とか言って、実際に集まって勉強している訳で、正直、恐怖を感じた。(笑)
一体全体、何なんでしょうね、この恐ろしいまでの素直さは??
本当に、開いた口が塞がらなかった。
その意味では、貴公子が一番、不真面目であったと思う。

今、この瞬間にも、例えば、当社スタッフの多くが、アフリカや南米の治安や政情が不安定な地で、現地ビジネスマンや世界各国の競合企業とせめぎ合いをしながら、カネを稼いでいる訳であり、貴公子も、そうした緊張感の中で、日々の業務をしております。
そんな中で、「あなたが企業の人事部長だとしたら、どんな人物をProject Leaderとして、採用したいですか???」なんて言う馬鹿話を延々としている、その辺のバカ大学の学生のおしゃべりみたいなセミナーに参加している、自分自身が許せなかった。

それに、講師自身も、疲れた覇気のない、頭でっかち中年君でしたねえ。
むしろ、アントニオ猪木でも引っ張り出してきて、「あなた方、中間管理職は会社を背負っていると言う自負を持って、信念をもって、突き進め。周りが貴方を理解するしないなんてのは、2の次、3の次だ。例え、100人を敵に回しても、決して屈服するな!だあ~!!」と言って、激を飛ばす方が、一万倍の効果がある。

繰り返しになるが、単に、どうでも良いことを(知識がなくても話せる事で、結論も模範解答も、ほぼ決まっている命題)、いい年した大人が集まって、ただ「くっちゃべっている」だけです。
これだけでも、バカらしいのに、その上、お互いの意見を、見ず知らずの人同士で、褒め合ったりしている訳で、気色悪い。。。。
貴公子が、この世で忌み嫌うものは、「偽善、優等生、子供ぽい事、退屈な事」だが、
Globizのセミナーには、このすべてが詰まっております。(笑)

逆に言えば、あれだけ中身のないセミナーに、「クリティカルシンキング」と言うもっともらしい、
クラス名を付けて、あっと言う間に、参加者を洗脳するテクニックには、恐れ入ったが。。。
(各種の洗脳テクニックや偶然を装った工作を、随所に感じた。)

兎に角、USCPAの勉強を、寝る間を削って、やっているのに、こんな「お子様セミナー」に出て、後悔している。


合わせて読みたい。「グロービスを査定する。」
http://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2012/12/blog-post_7789.html

4 件のコメント:

  1. 会社からいくように指示があり、どの講師の方にしようかと悩みながら評判を調べていて、この記事を読みました。

    正直、色んな意味で行くのが楽しみになりましたww

    最早講師は誰でもよくて、とりあえず俯瞰しながら参加してこようと思います。ありがとうございます。

    返信削除
  2. コメントをありがとうございます。記事にも書いたのですが、Globizに恨みがある訳ではなく、単純に、「こんなの意味あるの?」と不思議なだけなのです。
    「頭のいい人は、くっちゃべる。(口先で、ビジネスをする。)貴公子の様な一般人は、体を酷使して、カネを稼ぐ。」という事なのかも知れません。

    返信削除
  3. はじめまして。もの凄い共感を覚えました。最近、知識・手法で己を覆い、オレ出来る奴オーラバリバリの輩と出会いが多く、田舎者のドロドロした人生を生きてきたアラフォー経営者の私は違和感を抱き彼らに接しておりました。彼らを否定はしません。でも、覚悟と勇気が一番私は大切であり、知識よりも知恵、理論より実践だと思います。説得力のある人間、勘定よりも感情を大切にする人間が私は大好きです。勘定をおろそかにしては決していけませんが。またお邪魔します。ありがとうございました。41歳自営業の男より

    返信削除
  4. コメントありがとうございます。
    「説得力のある人間、勘定よりも感情を大切にする人間が私は大好きです。」と言う意見に、激しく同意します。
    そして、説得力を持つためには、「現場を押さえる」事が、不可欠な筈ですが、最近は、「現場」をバカにして、理屈をこね回す人間こそが、「高尚で知的な人間」と評価されている風潮があり、強烈な違和感を感じております。
    私自身は、東京のスラム地区出身ですが、ある強烈な事例を知っております。
    彼女は、東京山の手出身のお嬢様で、都心部のお嬢様大学に付属中学からエスカレーターで進み、その大学で、フランス語を専攻しました。
    ヨーロッパや海外高級リゾートには、よく行っていたが、国内は、東京都心部以外、ロクに知りません。
    そんな彼女ですが、何かの弾みで、外資系コンサルに、大手商社秘書職から転職し、まだ入社2年程度で、30歳前後なのに、九州や四国の過疎地の自治体に行き、市長とか副知事クラスを相手に、「過疎化対策」を数千万円のコンサル料を貰い、請け負っております。(地方に住んだことも無いのにね。)
    「有名外資系コンサル会社というブランド力の高さ」、「彼女自身の外見の良さ」、そして「話術が優れている」と言う事なのでしょうが、欧州系ブランドに身を固めた、「東京のお嬢様」に数千万円のコンサル料を払う、田舎(失礼!)の自治体を気の毒にも思います。
    彼女も仕事ですから、彼女は悪くないし、むしろ、「無邪気に信じ込む方が悪い」と言う事なのでしょうが、何か違和感があります。
    GLOBIZの様な、なんちゃってビジネススクールが養成しようとしているのは、そういう「なんちゃってエリート」だと思っております。

    返信削除