Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2012年10月9日火曜日

【USCPA】 AUDは、やはり英語の試験だ!

今回の「体育の日」絡みの3連休は、まあ、よく勉強しました。
毎日7~8時間は勉強し、BISKのAUD600ページの内、テキスト部分で、100ページ(3 Chapter分)、さらに、MC問題を250題程度クリアしました。
兎に角、AUDに於いては、膨大な量の英文を読みこなす必要がありますねえ。
FARにおいても、英文の読み込み量は膨大であったが、AUDの方が、英語力が圧倒的に必要だとは思う。 
(一方で、FAR程、論点が多岐に渡らないので、勉強のしやすさで言えば、AUDの方が楽だとは思いますが。。。。)

例えば、下記の様なMC問題や記述が、AUDではあります。
どれも、短い英文ですが、英語Native独特、あるいは「監査英語」独特の言い回しで、中々、理解がキツイですねえ。

1) To which of the following matters would materiality limits not apply when obtaing written client representation ?

Ansewer : Irregulation involving management

2) The scope of an audit is not restricted when an attorney's response to an auditor as a result of a client's letter of audit inquiry limits the response to Matters to which the attorney has given substantive attention in the form of legal representation.

3)When issuing an unqualified opinion, the auditor who evaluates the audit findings should be satisfied that the estimate of the total likely misstatement is less than a material amount.

4)If a client makes a change in accounting principal that is inseparable from the effect of a change in estimate, this material event should be handled in the accounting records as a change in estimate and the auditor would report a consistency exception.

どの英文も一見しただけでは、意味が取れませんでした。(汗;;)

ただ、こういう風な英文を延々と読み込んでいく事が、AUD攻略の為の正攻法なのでしょうね。
先程も述べた様に、AUD(監査論)の体系自体は、極めて単純で、勉強する事は決まっているが、「単なる暗記とは違う、個別の論点に対する理解」が求められていると考えている。

まあ、そもそも英語自体が大好きなので、AUDの勉強をしていても、苦痛は全く感じませんがねえ。
何れにせよ、あと一ヶ月を切っております。
BISKを読み込んで、読み込んで理解します。
後、150時間程度は、最低勉強したい。
頑張ります!!!
血勝 !!!



にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿