Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

2015年1月31日土曜日

スーパーマン化する社会

最近、ブログの更新頻度が落ちており、申し訳ないです。
20分とか30分の時間が取れないと言う程、仕事が多忙なわけでは無いのですが、毎日、夜遅くまで、精魂を傾けて仕事をして、帰宅は夜10時位で、更新するパワーがないと言うのが正確な所です。

書きたい事は沢山あります。
イスラム国の捕虜となっている、後藤健二氏の事や、最近、始めたゴルフレッスンの事も、書きたいですねえ。

そんな中ですが、本日土曜日の朝、テレビを見ていて、驚きました。
ミス日本2015のニュースですが、まずグランプリを獲得した、元シンクロ日本代表だった日体大の学生もそうなのですが、貴公子が驚愕したのは、準グランプリに輝いた、東大医学部の現役女子大生。
東大医学部だから、勿論、優秀なのですが、高校時代には全国模試1位を取ったこともあるとの事です。
正に、我が国のBest&Brightestなのですが、その上、ミス準日本との事。

まあ、天は見事に、ニブツを与えておりますね。。。。
そして、それだけ、「常軌を逸脱している」のに、テレビで見る限り、極めて、フツーの女子大生の雰囲気であるのが、逆に怖い。(笑)

少し怪しいサイトですが、ミス準日本2015の秋山果穂さんの経歴が下記に纏められております。ご興味があったら、どうぞ。
http://www.akb48matomemory.com/archives/1014701838.html

で、ここから本題。
情報化社会が持つ情報力のせいなのか、21世紀になって、一部の人間の能力が急上昇したかは不明だが、最近、こういう極端な能力をマルチでもっている人が、ごく普通に「出現」している様に思えます。

例えば、秋山さんの様な「お勉強」的な頭脳に限って言えば、貴公子が高校生の頃にも、あのレベルで「優秀な奴」というのは、ごく稀にだが、確かに存在はした。
でも、逆に言えば、学業的に優秀なだけで(それはそれで凄いことだが。)、秋山さんの様に、「もう一つ」は無かった。

同じ話だが、20年前位に、空手をやり込んでいた時に、有名な空手雑誌で、「サラリーマンをやりながら、極真空手の一流選手」である人物が、特集として組まれておりました。
あの当時は、「空手以外の何かをやりながら、一流の空手選手である事」がとても珍しかったので、そう言う特集が組まれたのでしょう。
そして、その事を凄い事だと、感じながら、貴公子も記事を読んでおりました。
あるいは、20世紀のサラリーマン社会では、英語力がある程度あれば(英検1級位あれば完璧)、それだけで、社内の「英語使い」として、定年までは無難に行けました。

言ってみれば、シングルタスク。
つまり、「何かを一流のレベルで極める為には、それ以外の事は並程度で十分。」と言うのが、20世紀であったと思う。
しかしながら、21世紀になると、「超エリート会社の超エリート社員として働きながら、プロ格闘家として、K1で活躍する選手」とかが、ごく普通に出現しております。

英語を駆使し、世界中を飛び回って仕事をしながら、プロの音楽家として活躍し、ついでに、プロアスリート並のトレーニングをしている人物も知っております。
一部の人間の能力が、確実に上がっているとしか思えませんね。

世間的には、経済格差が広がっていると認識されているが、加えて、「能力格差」が拡大している様に思えます
まあ、凄いですね。。。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿