Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2012年12月20日木曜日

【USCPA】 Tさんからのメールに、私なりに回答します!

Tさん、コメントをありがとうございます。
そして、回答が遅れまして、すいません。。。。

>私も今回のWindowでBECとAUDを共に日本受験しました。 そして、BECは63、AUDは60で
>FAILでした…。 BISKを2周やって、予備校の教科書類も一通りやったつもりだったんですが、
> 実際に試験に挑んでみると、「こんなの知らないよ!」と思う場面の連続で、 全然点に繋がる感>覚もなく、結果は予想通りの60点台でのFAILで、
>その前のスコアもいずれも60点台でした。 FARはそんなことはなく、PASSすることが出来
>ています。 
>そこで、今回同じ日本受験のBECとAUDを受験した貴公子さんに質問なのですが、 
>BISKの勉強方法はどの様にやっていらっしゃいますか?
> またBISK以外の勉強方法等もございましたら、教えて頂けたら幸いです。 
>お忙しい中、大変恐縮でございますが、
>何卒宜しくお願い致します。


Tさんと同じく、苦労している貴公子が、コメントなんてする立場でもないのですが、
分かる範囲で、できるだけ回答したいと思います。よろしく!!!

まず、私の勉強法ですが、BISKメインです。
(完全独学派なので、予備校のテキスト等は一切、使っておりません。)

とは言いつつも、あの各科目毎に、数百ページに及ぶBISKを頭から読み込んでいく事を、当初は、試みましたが、やはり無理なので諦めました。(笑)
仮に、BISKが日本語で記載されていてもキツイと思うのに、英語であれだけの分量(全科目合わせれば、おそらく2000ページ程度)を読みこなすのは、辛いと言うか、無理ですね。(笑)

FARで2年近くに渡り、試行錯誤しながら、結局、落ち着いた私の勉強方は、結局、以下です。

- まず市販の日本語参考書(私の場合は、USCPA集中講義)を、ざっと読む。
  通勤中の電車で読んだり、会社の昼休みに読んだりで、2~3回読みます。
  ただ、いくら日本語の参考書とは言いつつも、内容が内容なので、そんなに簡単には、読み込め ませんが。
 兎に角、1ヶ月程度掛けながら、読むのですが、この際、あまり細かい所を理解しようとはせず  に、あくまでも概略程度を頭に入れると言う事を意識しております。   
  因みに、FAR,BEC,REG,AUDのすべてに対し、これは実行済みです。

- 上記の様に、日本語教科書で、ざっとした知識を得た後は、BISKに突入!
  この場合、いきなり問題から解き始めます。
 (前述の様に、BISKのテキスト部分を頭から読み込んでくのはあまりにも辛いので。。。) 
 勿論、問題を解き始めながらも、全く分からないので、一問解くごとに、解答チェックと言う作業を 繰り返します。
 解答部分を読んで、そこで理解できれば、次の問題へと移行しますが、多くの場合はそうはなり
 ません。
 そこで、頼るのが、BISKのテキスト部分です。
 つまり、BISKのテキスト部分は、「問題を解いて、解答を読んでも理解できない時に、辞書的に
 戻る。」と言う使い方をしております。
 この作業が、とても時間が掛かるので、BISKの一回目を回すのに、やはり一ヶ月程度は
 軽く掛かります。
 現在、REGでこれをやっておりますが、何度やってもここがツライです。
 (合格したFARは勿論、AUDもBECも、この作業自体は終了しました。)

多くの人が言うように、BISKなり、Wileyの問題部分を、3回は、まわす事が一つの目安なのでしょうね。と言う訳で、特別な事はやっておりません。
繰り返しになりますが、BISKメインと言うのが、現実です。
まあ、BISKのテキスト部分を読んでも理解できない部分は、Netを駆使して、調べる程度の事は別途しますが。。

ただ、貴公子から言わせれば、やはり英語の壁は侮れないと思います。
貴公子も英語に対しては、Non-Nativeとしては、それなりに高いレベルにあるとは自負しておりますが、あの分量の英語を読みこなすと言う作業は、今まで仕事でもやったことはありませんでした。

ざっくり言って、あの試験は、英語の壁を除けば、試験自体はそんなに難しいと思いません。
教育のあるアメリカ人が受験層とは言え、そうしたアメリカ人の合格率だけ見れば、50%弱はあるのですから。

Tさんも、FARを合格しているのならば、英語力は問題ない筈です。
お互いに、ここが正念場と信じて、めげずに頑張りましょうね!(笑)


因みに、同じ完全独学派として、参考にしているブログは下記です。
http://d.hatena.ne.jp/accountaro/20100828/1282974127
http://martedi.exblog.jp/17147513/

1 件のコメント:

  1. こんばんは。Tです。
    お忙しい中、私の質問の回答に時間を割いて頂き、誠にありがとうございます。
    お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ございません。
    昨日、仕事から帰った後、この記事を拝読させて頂き、非常にモチベーションが上がりました。
    早速実践に移してみると、やはりBISKをよく読み込むという作業が足りなかったということを痛切に感じました。
    したがって次のウィンドウで何とかPASSに届くよう、徹底的に読み込んでいきたいと思います。
    貴公子さんの言う通り、ここでめげずに気持ちを切替えて頑張ります(笑)
    貴重なアドバイス、ありがとうございました。

    返信削除