Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2011年7月1日金曜日

【週刊貴公子】 アメリカ政府当局の許されないミスだ!

前IMF専務理事、Strauss Kahn氏に対する、Sexual Assultに対する容疑は、”被害者側”の嘘だったとの記事です。
ついては、アメリカの検察も起訴を取り下げるとの事。

http://www.nytimes.com/2011/07/01/nyregion/strauss-kahn-case-seen-as-in-jeopardy.html?pagewanted=1&_r=1&ref=global-home
(以下、引用)
=====================================================
The sexual assault case againstDominique Strauss-Kahn is on the verge of collapse as investigators have uncovered major holes in the credibility of the housekeeper who charged that he attacked her in his Manhattan hotel suite in May, according to two well-placed law enforcement officials.
=====================================================


しかし、次期フランス大統領の有力候補と言われた、Kahn氏のイメージダウンは、あまりにも大きく、「はい、無罪でした。明日から、また頑張りましょう!」と、冗談でも言える状態ではありません。
しかし、NY市警も、一体、どうしてあんなに自信満々で逮捕したのであろうか???


もし、起訴の撤回が本当であるなら、単なるミスでは済ませれない大事件ですねえ。
一体、Kahn氏の名誉と地位をどうやって、アメリカ政府当局は、回復するつもりなのであろうか???
発生時から、思っていたが、本当に、不思議な事件です。

0 件のコメント:

コメントを投稿