Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2010年4月3日土曜日

携帯電話のSIMロック、とうとう解除か!?

遅きに失した感はあるが、とうとう日本でも解除となる様です。
読売新聞 → http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100403-OYT1T00168.htm?from=top
カメラ付き携帯や、お財布携帯、iModeによるInternet Browsing機能を開発したのは日本メーカーなのに、
韓国Samsungやフィンランド、ノキアに世界市場で負け続けたのは、このSIMロックという変なポリシーの為でしたから。
現在の日本携帯マーケットのガラパゴス化は深刻で、こうした惨状の元凶が正に、SIMロックにあったので、素直に嬉しいです。
海外では、「現地の通信業者が街中で販売しているPrepaid式のSIMカードを購入し、それを手持ちの携帯電話に挿入すれば、すぐ使える様になる。」
と言うのが普通ですからね。
いずれにせよ、事態がここに至っても、SIMロック解除に反対する、KDDIとかソフトバンクっていうのは何なのであろうか???
(以下、引用)
==============================================
SIMロックの取り扱いについて、総務省が2日実施した意見聴取では、ドコモが「利用者の自由に任せるべきだ」と解除に応じる考えを示し、
イー・モバイルも「利用者に選択肢を提供できるので賛成」と同調した。これに対し、「技術的な課題があり、慎重に検討すべきだ」(KDDI)、
「端末価格が高騰しかねない」(ソフトバンクモバイル)などの懸念も示された。
しかし、最大手のドコモが解除に前向きな姿勢を示したことに加え、原口総務相が意見聴取前、「日本の孤島化を招いてはいけない」と述べ、
SIMロック解除に強い意欲を示していたことから解除の流れは止められず、急転直下、原則解除の合意にこぎ着けた。
==========================================
狭い思考でしか物事を考えられないと言うのは、2番手、3番手企業の宿痾であると言えば、それまでですが。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿