Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2013年3月4日月曜日

【ITの仕事】 Ubuntu12.10に、oracle sqlclientをインストールする!


Oracle sqlplusを、Ubuntuにインストールすると言うITエンジニアにとっては、本来、あまりにも基本的過ぎる作業の筈なのですが(汗)、事実として、かなり苦労したので、備忘録としてアップします。
まあ、vi Editiorの使い方からして、四苦八苦しているレベルなので(昔、何度か使った記憶はあるが、ここ10年以上、触れてもいなかった!)、読者の皆様には、当然過ぎて、役に立たない記事であることを危惧しますが。。。(笑)

環境は下記です。
OS:  Ubuntu 12.10 (VMPlayer上の仮想化環境)
Oracle Sqlplus  : version 10.2.0.5

1)非常に参考になったブログ (Running Oracle's SQL Plus in Linux Ubuntu)
http://gm.matias.ph/running-oracles-sql-plus-in-linux-ubuntu-2010-08-04

2)Oracle Sqlplusのダウンロードサイト 
http://www.oracle.com/technetwork/topics/linuxsoft-082809.html


3)PATHの追加方法。
http://www.itmedia.co.jp/help/tips/linux/l0284.html


4)viエディタの使い方
http://net-newbie.com/linux/commands/vi.html


一番、苦労したのは、/usr/lib/oracle/10.2.0.5/client/libへのPATHの通し方だった。
と言うのも、3)のitmediaの記事では、「$PATHに対してのみ、PATHを通せば良い。」との事だったし、別の複数のサイトでも、そういう記述を確認したが、貴公子の環境では、「LD_LIBRARY_PATHに対しても、PATHを通さないと駄目。」と言う事が判明した。
Oracle Sqlplusのバージョンとかに依存するのかは、よく分からないのですがねえ。。。。

まあ、気持ち悪いので、もう少し調べてみますが、ご存知の方がいたら、教えてください!


.bashrc ファイルの編集例
=========================================================

alias alert='notify-send --urgency=low -i "$([ $? = 0 ] && echo terminal || echo error)" "$(history|tail -n1|sed -e '\''s/^\s*[0-9]\+\s*//;s/[;&|]\s*alert$//'\'')"'

export LD_LIBRARY_PATH=/usr/lib/oracle/10.2.0.5/client/lib
export PATH="$PATH":/usr/lib/oracle/10.2.0.5/client/lib
# Alias definitions.
# You may want to put all your additions into a separate file like

# ~/.bash_aliases, instead of adding them here directly.
# See /usr/share/doc/bash-doc/examples in the bash-doc package.
fi
=============================================

さらに、sqlplusでのアクセスの為に、TNS_ADMINのPATHを通して、そのDirectoryに、sqlnet.ora  tnsnames.oraの両ファイルを設置した状態を確認する!

===========================================================
xxxxxx@ubuntu:/usr/lib/oracle/10.2.0.5/client$ export TNS_ADMIN=$TNS_ADMIN

xxxxxx@ubuntu:/usr/lib/oracle/10.2.0.5/client$ echo $TNS_ADMIN
/usr/lib/oracle/10.2.0.5/client

xxxxxxx@ubuntu:/usr/lib/oracle/10.2.0.5/client$ ls
bin  lib  sqlnet.ora  tnsnames.ora

nishikawa@ubuntu:/usr/lib/oracle/10.2.0.5/client$ 
===========================================================

0 件のコメント:

コメントを投稿