Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2010年3月14日日曜日

週刊貴公子(3月第2週号) Googleの中国からの撤退は、いよいよ秒読みか???

「Googleが中国から撤退したら、中国国内からは、Googleは使えなくなる。」と考えます。

Financial Timesの3/13の記事です。
ここです。→ http://www.ft.com/cms/s/2/dd69e680-2e06-11df-b85c-00144feabdc0.html

(下記、引用です。)
================================================
The signs that Google was on the brink of closing Google.cn, its local search service in China, came
two months after it promised to stop bowing to censorship there. But while a decision could be made very soon,
the company is likely to take some time to follow through with the plan as it seeks an orderly closure and
takes steps to protect local employees from retaliation by the authorities, the person familiar with its position said
=================================================

リンクした記事によれば、サーチサービスは、中国内で完全に停止するようだ。
今後の注目は、リサーチセンターや販売部隊等の他のビジネスがどうなるのかですね。

因みに、ある程度、技術的な記事ですが、下記の様な記事もあります。
コレです→ http://d.hatena.ne.jp/essa/20100114/p1?utm_source=twitterfeed&utm_med...

「GoogleがChinaから撤退しても、中国国内でのGoogleサービスは、影響を受けない。」という趣旨の記事です。

(下記、引用です。)
============================================
『たとえば、VPNという技術がある。基本的には、VPNとは社外から会社の中にあるLANにアクセスする技術だ。マクドナルドの無線LANを使っていっても、会社の中にいるのと同じ状態で、安全に社内のサーバにある文書にアクセスすることができる。通信は暗号化されているので、盗聴されても文書の内容を見られることはない。
これは、社内の情報にアクセスするだけでなく、Webやメールのようなネットアクセスにも使える。VPNを通して、自社経由でネットに接続するのだ。
このVPNを通してインターネットにアクセスすると、中国にいても自分の会社の中からネットを見るのと同じことになる。だから、中国政府がいかに検閲しても、会社から使えるサービスは、gmailであれGoogle Appsであれ、何でも使える。』
============================================

確かに、現時点では、技術的には正しいのですが、China Great Firewall技術も日々進化しており、 上記の理論が数ヶ月後にも、
VPNやProxyが使うことで、CHINA Great Firewallを回避出来るか否かは微妙だと思います。

と言う訳で、私の見解では、Googleが中国から撤退したら、中国国内からは、Googleは使えなくなる可能性が高いと思います。
中国出張の多い私にとっては、困りものですね。。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿