Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2017年6月30日金曜日

今回の都議選では革命が起きる!

断わっておきますが、貴公子は、保守主義者です。
右とか左と言う意味では、中道よりやや右に位置すると思っております。
従って、政党で言えば、古くからの自民党支持者ですが、今の安倍政権は、保守とは真逆の縁故主義です。
最近は、時計の針が、江戸時代まで戻っている様な感じを受けます。

今の安倍政権は、お友達の中で「回している」だけです。
加計学園だか、火刑だか知らないが、火刑の理事長は、安倍のお友達だから、要は、「次は俺にも回してよ。」とか寿司食らいながら、安倍にお願いしたとしか思えない。
実際は、厳正に裁定されて、結果的に「回った」のかも知れないけど、貴公子も含め、国民の大部分は、「仲間内で回した。」としか思っていない。

実際に、そう思わざるを得ない「前科」はある。
暴言姫の稲田防衛大臣が、何度も失言しようとも、安倍も管も、必死になって守っております。
そう言えば、知り合いの中央官僚も、「安倍政権になってから、毎年凄い勢いで給与があがっている。」とホクホク顔です。
これも、仲間内で回していることの一例です。

このお友達政治は、国家を分裂を意図した策動であるとさえ言えるレベルの暴挙です。
そうであるので、下記みたいな議論は、タイトルを見ただけで読む気がなくなります。
加計問題・愕然とするしかなかった「前川新会見」の空疎な中身

厳密に分析したら、火刑は問題ないのかも知れないが、そういう冷静な議論には、反射的に拒絶反応が起きます。
「どうせ、また仲間内でまわしてるんでしょう?」としか、国民の大部分は思ってない訳で、この風潮は国体崩壊の危機とさえ感じております。

真の保守主義者を標榜する貴公子としては、安倍の為に、国家が崩壊するのは看過できません。
でもって、日曜日の都議選ですが、貴公子の選挙区では、最後の一議席を、都民ファーストの2人目、共産党、民進で争っている様です。
民進は入れる気にならないので、都民2人目に入れることします。

自民は今回の都議選で、惨敗すべきだ!
自民党よ、襟を正せ!

0 件のコメント:

コメントを投稿