Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2017年6月26日月曜日

分散しているbitcoinを、bitflyerに集め始めました。

8月1日と言われる、bitcoinのHardforkは、怖すぎますね。

>このハードフォークによって、現在のビットコインのブロックチェーン
>がビットコイン コア (現在のビットコインの仕様を引き継ぐもの、以下 BCC) の
>ブロックチェーンと、ビットコイン アンリミテッド (ブロックサイズが可変となる等
>の変更を加えた仕様、以下 BU) のブロックチェーンとに分岐する可能性があります。
(中略)
>この原則により、分岐によってハッシュ パワーが分散し、分岐後のブロックチェーン
>間においてハッシュ パワーの不均衡が生じた場合、弱いハッシュ パワーに支持される
>ブロックチェーンは、もう一方のより強力なハッシュ パワーによって常に無効化され
>るリスクにさらされます。つまり顧客資産が突然なくなる可能性があります。

そういう事なのです。
可能性としては、「顧客資産が突然なくなる可能性」があります。
これが、Hardforkの現実です。
ただ、実際に何が起きるかは誰も分かりません。

もしかしたら、BUに綺麗に過去のすべての取引記録が移行されて、BUプラットフォーム上の通貨として、bitcoinはそのまま存続するかも知れません。
そして、この苦難を乗り越える事で、価格が暴騰するかもしれません。(最良シナリオです。)

ただ、そうは言いつつも、Softwareのアップデートですから、何が起きるかは分かりません。
最悪シナリオとしては、bitcoin Blockchainが崩壊して、bitcoinが無価値になるかも知れません。(最悪シナリオです。)
勿論、何も起こらないと可能性もあります。
つまり、Hardforkなんて起きないで、現行のチェーンがそのまま存続すると言うパターンです。

さあ、どうなるでしょう。
さて、貴公子はとりあえず、複数の電子財布に分散して保管してあるbitcoinを、bitflyerの口座に集め始めました。
100万円を投資して、500万円程度になっておりますから、投資元金の100万円は日本円に戻そうと思っております。
そうすれば、最悪、bitcoinが崩壊しても、最悪、損はしないと言う事になります。
6/26の残高
同じことを考える投資家は多いと思います。
Hardforkを簡単に考える向きもおりますが、私は怖さを感じております。

0 件のコメント:

コメントを投稿