Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

2012年7月15日日曜日

公教育の限界か???

夢の話という事で。。。。

某公立中学校で、数学の教師をしている旧友から、10年ぶりに電話がありました。

先生 「お~久しぶり。元気か?今度、ウチの学校で、生徒に対し、Globalビジネスに関する
     説明をしてくれないかなあ。生徒に広い視野を持って、貰いたいんだ。」

貴公子 「あのさあ。そんな事より、大阪大津市のイジメ問題を、教師としてどう思うんだ。
なんで、教師は、あんなに無責任なんだ。みんなそろって、見てみぬ振りかよ。
国際ビジネスでは、通用しないぜ。」

イジメ事件の概要
→ http://www.asahi.com/national/update/0714/OSK201207140079.html

先生   「相変わらず、キツイね。国際ビジネスマンは、見て見ぬ振りはしないと言うことか?」

貴公子  「そうだ。基本の基本だな。」

先生   「でも、ビジネスマンは、楽だ。 超~楽チンのゆるキャラだな。だって、そうだろう。
例えば、ダメな取引業者とか、ゴミみたいな客がいたら、国際ビジネスマンなら、どうする??」

貴公子  「少なくとも、取引業者に満足できなければ、速攻で切る。要は、出入り禁止にする。
客なら別だぜ。金払いにさえ、問題なければ、屈辱を受けようがなんだろうが、
ぺこぺこする。資本主義だからなあ。」

先生   「だから、楽ちんなんだよ。俺は、公立中学の教師で、私立ではない。つまり、
生徒を選らべない。腐ったりんごを切れない。腐ったりんごが、高品質りんご
をダメにするのも歯がゆい。でも、何もできない。殴ればいい??? 
それが、できればどんなに楽かなあ。
登校禁止にして、ついでに少年院にでもぶち込みたいガキが沢山いる。
でも、貴様が、ダメ業者を切るみたいに、切れないんだ。
これが、公教育の限界だ。」

貴公子 「『たとえ、100人を敵に回しても、自分の信念を絶対に曲げるな。』って、昔、俺に言った
よなあ。どんなにキツクても、何とかすべきではないのか。
それが、プロの教師というもんだろう。」

先生  「極少数のモンスターペアレンツとイカれたガキが、学校を支配している。
でも、教師は何もできない。殴られることはあっても、殴り返す事は許されない。
サンドバックみたいなもんだぜ。最近は、口で叱るのも難しいしな。
俺の子供は、私立に入れるよ。それが、俺にできることだ。」

貴公子 「で、どうすんの? 『公教育こそが国の礎』とか青い事を言って、
学者になれる頭脳さえもあった君の今後の話だよ。」

先生 「確かに、青かったなあ。そして、お前は、青くなかった。
まあ、学校を辞めて、塾を開こうと思っている。
そこでこそ、大衆教育ができると思っているしね。
お前にも、手伝って欲しい。普通の中学生とか高校生向けの塾にするつもりだ。
難関高校とか難関大学受験用塾とかではなく、普通の生徒が、勉強の面白さを理解できる様な
塾にするつもりだ。」

貴公子 「申し出は嬉しいけど、断る。そもそも、『大衆教育こさが国家を救う。』と考えるお前と、「少数のエリートが、ビジネスや政治を引っ張るべき。』と考える俺とでは、価値観が合わない。まあ、ビジネスマンの俺は、国際ビジネスを勝ち抜くことで、国家に貢献する。お前は、大衆教育で、国を支える。それで良いじゃないか。」

先生  「近いうち、一杯、行きたいもんだなあ。」

公教育の限界を知る会話だった。
昔、イギリスのブレアー首相が、言った。
「国家には、やりべき仕事が3つある。教育と教育と、そして教育だ。」
むなしく、響きますなあ。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿