Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2017年1月15日日曜日

週末に想う!

昨年末から週末は何かとバタバタしておりましたが、今週末は、自宅でゆっくりしておりました。

ジョギングもしました。
ジョギング中に、とても綺麗に撮れたので、アップします。


さて、最近、親しくしている某外資系企業の日本支社長から、一冊の本を進められました。
「ライフ・シフト」と言う本です。



早速、この週末に購入しました。(まだ届いておりませんが。)

ただ、ここのサイトに書評が詳しく出ております。
100年生きる時代にどう働くか 話題の書『ライフ・シフト』書評

>優秀な才能の奪い合いにおいて企業ができることはまだまだある。才能ある独立した
>個人を男女問わずにプロジェクトごとに取り込むことこそ、日本企業にとって目の前にある
>オープン・イノベーションとなるだろう。

中々、深いですね。

最近、この件に絡んで2つの事がありました。

某通信大手企業の話です。
そこの会社では、役員にならない限り、57歳で確実に役職定年で子会社に出向(年収は3割~4割減)、そしてその子会社で60歳になったら、更に3割減で再雇用になるとの事でした。
つまり、56歳から60歳で、年収は半減するとの事でした。

別の大手不動産Developerで、人事部長をやっている大学の同期は、「55歳で役職定年させて、年収を半減させるプランを起案中」と昨年末、会った時に言っておりました。
今、組合とネゴっているとのことでした。

両社共、一部上場の大企業どころか、とても業績の良い会社です。
それなのに、こんな感じになっている訳ですから、上記サイトに書いてある様に、社員が、「複業化」するのは必然かも知れません。
そして、プロジェクトベースで複数の会社で働くのが一般化するかも知れませんね。

とても刺激的な記事です。
本購入は兎も角、リンク記事だけでも読んでみたらどうでしょうか?
モチベーションが上がりますよ!
貴公子も、プログラミングの副業を頑張ります!笑

0 件のコメント:

コメントを投稿