Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2016年6月8日水曜日

【日刊舛添】 都議はメディアよりは、遥かにレベルが高い。

最近、舛添都知事の記事ばかりで、スイマセン。
【日刊舛添】として、シリーズ化しようかと真剣に考えております。笑

さて、公金横領犯罪者、舛添都知事に対する都議会での追求が始まった様です。
「舛添都知事を意地でも擁護したいオーラ」が、あれほど一杯だった都議会自民党の面々ですが、自分たちの事務所に批判電話が殺到したら、突然、手の平を返したように、都知事批判に転じましたねえ。

都知事が追求に逆切れして、都議会解散したら職を失うのが怖かったのでしょうが、そんなにヤル気ないならば、当初の予定通り、「やりすごぜ」ば良かったんじゃないですかねえ。。。。
こうした変わり身を見ると、逆に信用が失われますよ。
「自分が批判されると、突然、回避の為に生贄(今回は舛添都知事)を差し出す。」と言う、自民党都議の行動原理がどうも、セコイですねえ。。。
まあ現金な人達です。

それはそれとして。。。。

兎に角、「舛添同志、絶対死守!」の御旗を掲げていた自民党都議から、これだけ批判されると、鉄火面の舛添もさすがにつらいかも知れません。
上の産経の記事を読む限り、かなりキツイ質問をしております。

元ミス青学とかの芸能人になり損ねた様な民放の女の子キャスターが、都知事記者会見で、「わたし、頑張って聞いちゃいましたレベルの質問」とは、明らかに質が違います。

例えば、メディアは、舛添都知事が「第三者」と言ったから、そのまま「第三者の精査」と垂れ流し報道しているが、その辺があまりにもふざけ過ぎです。
公明党の都議が指摘している様に、「舛添が人選して、舛添がカネ払って雇った弁護士」なのだから、「第三者」ではなく、言うなれば、「お友達弁護士」です。
そんなの当たり前なのに、「第三者の精査」とか書くメディアは、学級新聞レベルですね。

「型通りの礼儀正しい質問」しかできないメディアに、フラストレーションが溜まっていたのですが、都議の今回の質問で、溜飲が下がりました。

さて、これからどうなるんでしょうか?

これから毎週、舛添都知事の公開リンチを見させられる都民も、精神衛生上、よろしくないですね。
ただ、だからと言って、「もう追求を止めます。」という訳にも、いかない訳で、痛し痒しの感じです。

さっさと辞職してくれるのが、一番なんだけど、未だに、「都知事選で税金を使うよりは、舛添の方が良い。」とかの下らないコメントをする電波芸人(ホリエモンとか)が多数いるので、それも難しいかも知れませんねえ。
それに舛添自身が、今年9月のリオ五輪閉会式に、次期主催都市首長として、参加する気満々ですからねえ。。。
(しかし、ホリエモン自身も証券取引法違反かなんかで逮捕され、刑務所にまで入っているのに、偉そうに、舛添問題にコメントする資格はあるのでしょうか? ホリエモンもツラの皮が厚いです。)

兎に角、舛添と言う男は、一から百まで、世話の掛かる御仁ですねえ。。。
今風に言えば、「かまってちゃん」なのかも知れませんねえ。。。
「周囲の迷惑よりも、自分の満額退職金」が重要な人ですからね。

ただ、ああいう輩を、都知事に祭り上げたのは都民な訳で、都民は都民で責任を取って、どんなに費用が掛かろうとも、都知事選をやるべきだとは思います。
業者から裏金を貰って、泣きながら辞職した猪瀬前都知事とか、セコさ満開の舛添現都知事とか、ロクな都知事がいませんねえ。。。

あの程度が、都民の意識レベルなのであろうか?(貴公子も都民ですが。。。)
都民として、憂う!

0 件のコメント:

コメントを投稿