Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2016年6月15日水曜日

舛添都知事辞職に想う!

まあ、遅きに失したけれども、遅すぎではなかったと思う。
朝日新聞の記事 → 「心残りは尽きませんが……」 舛添氏退任あいさつ全文

共産党は、百条委員会を設置して、舛添都知事の疑惑を徹底追及するつもりだった様だが、貴公子はそこまでは望みません。

「武士の情け」と言っても良いのでしょうが、辞職したのだから、これ以上、追い詰めるのはやり過ぎだと思う。
この辺りで、手打ちにしましょうよ。

ただ、政治資金規正法はかなりザル法みたいだから、そこは粛々と改訂すべきでしょうね。
不思議なのですが、あれだけ優秀な舛添都知事が、最後は随分と、トチ狂った感があります。
「リオオリンピックの閉会式だけは行かせてくれ!」と昨夜は、自民党都議団に泣いて懇願したらしいが、何でそこまで、オリンピックの閉会式ごときに執着するのか不明です。

貴公子的には、都知事がファーストクラスを使ったり、スイートルームを使うのは構わない。
また、公用車で自分の別荘に行く自体は、たまには良い。(一ヶ月に1度程度なら許す。)

しかしながら、毎週金曜日に公用車を使って別荘に行くのは、やはり公私混同だし、家族旅行を政治資金で処理するのは、言語道断だし、セコ過ぎる。
それでも、率直に謝るのなら兎も角、「別荘の風呂は広いから、くつろげる。それが翌週の仕事にプラスになる。」とか、「確かに家族旅行だったけど、仕事関係の人とも面会した。」とかは往生際が悪過ぎた。→ この辺りで貴公子もキレました。
最後の最後は開き直ってしまい、「第三者の弁護士に違法性を精査してもらう。」は、ふざけ過ぎました。

まあ、あそこまで、周囲の感情を読めない人と言うのは、珍しいですね。
ある意味、思考経路が完全に狂っているのかも知れませんし、如何せん、心がないですね。
超KY(空気よめない)な人と言っても良いでしょうね。

兎に角、貴公子もこれだけ、特定の政治家をブログでしつこく攻撃したことは初めてでした。
ただ単に、無能だとかだらしないとかでは、ここまで攻撃しなかったでしょうが、舛添氏は、率直に言って、非常に邪悪な存在に見えました。(陰陽学でいう所の陰の権化に見えました。)

兎に角、舛添がまかり間違って、リオの閉会式なんかに行ったら、東京のイメージが完全に失墜した訳であるので、そこを防げたのは良かったと思う。

少なくとも2~3週間前に辞めていれば、数年後に政界復帰もありえたのでしょうが、往生際が悪過ぎて、もう政界復帰の目はないでしょう。
今後は、執筆作業等をしながら、静かな余生を送って欲しいと切に思う。

最後に、都民として、舛添都知事に言いたい。

「2年半、お疲れ様でした!」

0 件のコメント:

コメントを投稿