貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

2016年5月29日日曜日

オバマ大統領の広島スピーチは格調が高い。真の政治家だ!

この数日は、舛添都知事と都議会、都庁、そしてそれに輪を欠ける電波屋とか新聞屋ジャーナリストの低レベルに辟易としており、気分が乗りませんでした。
都民であるのを恥かしく思ったし、日本国自体にも、嫌気が差してきて、精神も荒んでおりました。

そんな中ですが、先週金(5/27)のオバマ大統領の広島訪問時の格調の高いスピーチを聞き、元気を貰いました。
オバマ大統領のスピーチは、大体、聞いているつもりですが、今回のスピーチは、内容的に難解だったと思います。

人類の戦争の歴史から科学技術の発展を論じ、宗教さえも論じながら、科学技術の発展が人類にとって、諸刃の剣であることを論じ、科学技術と共に人間の道徳感も高めないといけないと論じ、核不拡散の必要性を論じ、キリスト教的な意味での基本的人権を論じ、「原爆で亡く
なった方は、私たちと同じである。」とまで言い切り、最後は、下記の言葉で締めております。

> That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as
> the dawn of atomic warfare but as the start of our own moral awakening.



全文はこちら → Text of President Obama’s Speech in Hiroshima, Japan

話題が多岐に飛ぶのはオバマ大統領のスピーチの常であるが、使う英単語自体がいつもよりも高度であったとは思うし、スピーチのロジックが深遠で、一度、聞いただけでは、スッーと頭に入ってきませんでした。
2度聞いて、テキストを読んで、理解しましたが。。。

特に、最後のフレーズで、「広島・長崎は、原爆の最初の投下地ではなく、人類が道徳感の重要性を認識するスタート地点だ!」と言い切る部分は、とても深いロジックです。

やはりアメリカの政治家は、レベルが高いです。
そして、あの国は、凄まじい国ですね。

米国の大統領は、
世界のリーダーという事を認識しました。
しばらく、米国大統領選のことを、舛添ごときの小物に気を取られて、書かなかったのですが、これからは米国大統領選の記事を増やしてゆきたいと思います。
貴公子は日本人だが、日本の下らない政治家よりも米国の政治家の方から、いつもエネルギーを貰いますので、貴公子にとっては米国政治の方が重要です。

舛添とか都議会のバカ話はもういいやって感じです。
どうせ辞めないし(意地でもポストにしがみつくだろうし)、都議会なんて無気力なヒマ人の集まりだから、どうせ何もしないだろうし、マスコミも低レベル過ぎてと言うか、都庁と癒着し過ぎている様で、話にならない。
まあ、同じレベルの人たちで、好きにやって下さいと言う感じです。

今、貴公子の関心は、米国大統領選です。


0 件のコメント:

コメントを投稿