Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2015年10月13日火曜日

転機5、~罪将貴公子の懺悔!

思えば、今の会社に入社したのは、10年以上前になります。
フィリピンで4年もウロウロしていた後、一身上の都合で帰国する必要に迫られたのは、貴公子が34歳の時でした。

当時は、「果たして日本企業に復帰できるのか?」と非常に不安でしたが、かなり専門性の高い大企業(IT企業ではないが)から内定が取れて、感謝感激したことを昨日の様に覚えております。
厳しい面接を3回と、数学と国語のPC試験をパスして、苦労して入社致しました。

当時、引退間近のE人事部長から、「君には、会社の社風を変える原動力となって欲しい。正直、君の採用には賛否があったが、俺が押し切った。」との言葉がありました。
とても嬉しかったし、その言葉を意気に感じたのも事実です。

思えば、「社風を変える為」に、自分なりに考え抜き、そして実行した10年余でした。
場違いだとか、浮いているとか、バカなんじゃないかとかも言われたが、「仕事外の課外活動」と称して、部門横断的な呑み会を、一年半以上も休むことなく毎週企画したり、社内討論会を開催したりしました。
IT企業でもない会社で、「自分がどうすれば、会社に貢献できるのか?」を悪い頭で必死に考え、自分なりに努力を致しました。
勿論、仕事のITでも、少しでもユーザーが快適にITを使え、本業に専念できる様に、黒子に徹し、自分なりには、不眠不休で努力を続けたつもりです。

ただ、自分の不徳や能力の無さにより、会社に十分に報恩する事が出来なかったし、ましてや「会社を変える」ことは出来ませんでした。
本当に心残りです。

貴公子の今の心境は、下記の通りです。
架空の手紙を書きます。

===========================
E元人事部長、

既に引退されてから、長い年月が経っておりますが、如何お過ごしでしょうか?
秋も深まり冬の気配も感じる時期になりました。
この晩秋に、罪将貴公子は、お許しを得ないといけません。

10数年前に、E元人事部長から、「会社を変えてくれ!」との過分な期待を頂き、あの御言葉を励みに、貴公子なりに努力を続けてきました。
走り切った自負はありますが、結果として御期待に沿えずに、御奉仕半ばで、会社を去る御無礼をお許し下さい。
言い訳となりますが、補佐したいと思える人物を社内で見出すことが出来ず、また自分自身がトップに立つ度量も能力もなく、もはや会社に貢献できずとの判断に至りました。
誠に痛惜の念を頂きながらも、貴公子自身も新環境にて仕切り直しを致します。

御期待に沿えなかったのは、すべて貴公子の能力の低さと人徳の無さに起因致します。
知識や経験ばかりを積まさせていただきながら、利益創出と言う意味で貢献出来なかった自分の不甲斐なさに失望さえもしております。

今後の社業の発展を陰ながら、応援させて頂く事で御容赦を頂きたいと切に願います。

罪将 貴公子




0 件のコメント:

コメントを投稿