Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2015年4月13日月曜日

名言に癒される!

「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや。」

史記からの一節です。
サイトはここ。 http://www.meigen100.com/source/1283270223/1.php

《えんじゃく いづくんぞ こうこくの こころざしを しらんや。》と読みます。

意味は、下記との事。

※燕や雀のような小さな鳥に、どうして鴻(おおとり)や鵠(くぐい)のような大きな鳥の心がわかるであろうか。小人物には大人物の志が理解できるはずもないの意。

正に、今の貴公子の心境ですね。(笑)
癒されます!

同じサイトから、20世紀前半のアメリカで、ビジネスマンとして大成した、ジュリアス・ローゼンウォルドの言葉です。
サイトはここ。 http://www.meigen100.com/author/1643525171/1.php

************************************
私は実業界に入って間もなく、心配することの馬鹿らしさを思い知らされた。だから私は、難問には常にできる限り手を尽くすように心がけているが、もし目算がはずれて、収拾がつかなくなったとしても、あっさり忘れることにしている。
***********************************

英語の原文は、別途探しました。

Early in my business career I learned the folly of worrying about anything. I have always worked as hard as I could, but when a thing went wrong and could not be righted, I dismissed it from my mind.

英語の方が、当然ながら、ニュワンスが伝わりますが、上の日本語訳も、いい訳だとは思います。

いつもこうした過去の偉人の言葉に支えられております。
Julius Rosenwald の言葉は、胸に突き刺さります。
心底、爽快な気分になります。

「教養こそが、人間を救う。」と高校の時、倫理の先生から学んだが、正にそれを実感しております。
漢詩でも、勉強しようかなあ。(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿