Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

2015年2月15日日曜日

天啓を感じる!

 

1週間前にアップした記事と被ります。
嶋聡氏の「孫正義の参謀」を、とうとう読み終えました。
440ページのハードカバーですが、読み応えのある内容です。
正に、21世紀になって飛躍した、ソフトバンク社の「正史」だと思います。

最後の方に書いてある、スプリント社買収のくだりは、手に汗を握る迫真さです。
素晴らしい。。。。

嶋氏自身が、非常に視野が広く、教養のある人物であることは間違いないのですが、その彼をして、「孫正義氏の為なら、喜んで黒子に徹する。」と言う思想が、本書の随所に見られます。
孫正義氏自身が、絶対値で優秀なのでしょうが、多くの優秀な人間が孫氏を全面的に支えることで、ソフトバンク社の飛躍が実現できたのでしょうね。
平たく言えば、ソ社の飛躍は、孫氏の人間力の賜物なのでしょうね。

昔から、貴公子は、孫正義氏のファンであったが、この本を読んで、「大ファン」になりました。
ソフトバンクに転職したくなってきました。(笑)
まあ、それは冗談として。

話は変わって。。。。
今の貴公子の所属会社は、今、大きな転換期を迎えているかも知れません。
そんな中で、自分が何で貢献できるかを、ここ数か月ほど、真剣に考えていたのですが、「天の声」に導かれるように、ここ1週間で、自分の思考が導かれた様に思えます。

30台の後半から、大きな決断をする時には、必ず、誰かが導いてくれる様な不思議な感覚があったし、リアルな周辺環境も急速に、それを促す様な状態に変わっていきましたが、今回も、その状態が発生しました。
とても不思議な感覚ですが、「天運」と言うか、「天啓」を感じざるを得ませんね。

ところで、上記の本にも記載されていたのですが、1987年に当時の中曽根総理が、岸信介元首相の葬儀で、語った言葉に、ひどく感動したので、書き留めておきます。

「真の政治家は、時代時代の宿命を背負って行動し、時流におもねらず、国家100年の大計を自分自身の犠牲に於いて断行し、その評価を構成の史家に託して消え去っていくのである。」




0 件のコメント:

コメントを投稿