Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2014年9月13日土曜日

【週刊貴公子】 反社会勢力、朝日新聞社にテロ防止法を即刻適用し、解体せよ!

この反社会勢力のおふざけは、冗談のレベルを超えております。


まず、紙面でわざとらしく謝れば、済むと思っている、その曲った精神から教育しないといけませんねえ。笑

みなさまに深くおわびします 朝日新聞社社長

(以下抜粋)
===============================
(前略)
現時点では、思い込みや記事のチェック不足などが重なったことが原因と考えておりますが、新しい編集担当を中心に「信頼回復と再生のための委員会」(仮称)を早急に立ち上げ、あらゆる観点から取材・報道上で浮かび上がった問題点をえぐりだし、読者のみなさまの信頼回復のために今何が必要なのか、ゼロから再スタートを切る決意で検討してもらいます。
(中略)
わたしたちは今回の事態を大きな教訓としつつ、さまざまなご意見やご批判に謙虚に耳を澄まします。そして初心に帰って、何よりも記事の正確さを重んじる報道姿勢を再構築いたします。そうした弊社の今後の取り組みを厳しく見守って頂きますよう、みなさまにお願い申し上げます。
================================

そもそも、「思い込みや記事のチェック不足」なんて、カワイイものではありません。
彼らは、ここ数十年、意図的に捏造情報を垂れ流してきました。
馬鹿なのではなく、隣の大国の意向に沿って、我が国の民意を貶め、「日本人が日本を嫌いなる。」様に仕向ける様な記事を、長期間に渡り、意図して垂れ流して来ました。
その意味では、誤報ではなく、捏造であり、悪意を持った偏向報道です。

今、"Agent of Influence"と言う言葉が、頭をよぎります。
朝日の現場記者や幹部は、隣の大国に、酒、女、カネで籠絡されていたとしか、貴公子には思えません。
誤報ではなく、意図的に、我が国の国益を毀損する、アジテーター(扇動家)であったし、「隣の大国の情報機関」に浸透された、テロ組織だと思っております。

なぜなら、「誤報」の内容が、今回問題となっている吉田調書や従軍慰安婦問題もそうだが、朝日を真面目に読んでいる読者が、「日本人であることが嫌になってくる。」様な、どうしようもない情けない記事ばかりからです。

1990年代後半に、朝日を一生懸命に読んでいた貴公子も、その一人でした。
当時の朝日は(今もそうなんだろうが)、日本人の特性を、「覇気がなく、ぼっーとした好々爺で、野心も無ければ、何もない、木偶(デク)の棒」の様に、書き立てておりました。
そして、そういう「クズ」みたいな奴を、「良心的で良識のある人間」として、朝日は称賛しておりました。

従軍慰安婦の問題なんか、正にそうだったが、朝日新聞社は会社を挙げて、虚偽情報を垂れ流しただけでは飽き足らず、自ら外国に行って、「ありもしない日本の原罪」を宣伝して、悦に浸っておりました。

ああ言った報道や行動に、みんなが混乱した。
貴公子も、あの当時、日本人であることを恥ずかしく思い、日本人を忌み嫌いました。
そして、多くの日本人若者が外国で、中国人とか韓国人のフリをする様になり、それが社会問題とまでなっておりました。

混乱した感受性豊かな若者は、その虚無感を、カラーギャングとなりオヤジ狩りをするか、「エンコ‐」と称して、援助交際に走ることで、発散しておりました。
そして、ナイーブな日本人の大人達は、大挙して、韓国ソウルに行き、かの国の国会議事堂前で、土下座して、祖父母世代の日本の悪を、涙ながらに謝罪し、また、そんな異様な光景を、朝日新聞は、「良心的な日本人観光客」として、称賛しておりました。
ミスではなく、意図と悪意をもって、煽っていたとしか思えない。

2000年ころ、日本は、内側から崩壊するのではないかと、真剣に心配しておりました。
当時、中国の江沢民主席が、オーストラリア首相との首脳会談で、「このままでは、日本はあと10年持ちませんね。」と囁いたとの報道が流れたが、そういうレベルで、国家が自壊する危機を感じたものです。
これらすべてが、朝日の捏造報道のせいで、日本人が無気力かつ自責に駆られた結果だと思っております。

今回、朝日新聞社は、わざとらしく謝罪しているが、貴公子が耳に挟んでいる限りは、良心に従って、謝ったのではなく、単に、右バネ(右派、国家主義者)からの攻撃に、恐れをなしたからと聞いております。

こんな中途半端な自己保身謝罪で許してはいけませんね。
まあ、近々、この辺の問題に関して、深い情報を持っている、官僚と会うので、「いったい何があったのか?」をよく聞いてみようと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿