Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2014年7月5日土曜日

【J税理士】 勉強の理由。

試験1か月前に、「今更かよ!」と言われれば、その通りですが、最近、SAPIO誌に大前研一氏が書いていた記事を読んで、J税理士を勉強する理由を自分の中で再確認しました。

”Double Irish With A Dutch Sandwich”と言う、欧米の新興IT企業が採用するTax Schemeがあるとの記事でした。
文字通り、「アイルランド2社に、オランダ1社を挟む。」と言うSchemeとの事です。
要は、挙げた利益をアイルランドのペーパーカンパニーA社に送り、その後、それをオランダにあるペーパーカンパニーB社に送り、またアイルランドにあるペーパーカンパニーC社に送付すると言う手順を踏み、法人税の大幅減を、合法的に実現しているとの事。
詳しい説明はこちら。→ Definition of 'Double Irish With A Dutch Sandwich'

以前の記事でも書きましたが、今月から貴公子は、16年携わったIT技術者から、国際業務部門の最前線チームに異動となったので、こういうスキームには興味津々です。

ただ、怖いのは日本の国税庁です。
我が国の国税庁は、圧倒的な権力を持っており、ちょっとでもスキームに隙があれば、「脱税」と言う、誠に不名誉な烙印を押されてしまいます。
そうなると、会社の存続に関わる重大な問題となってしまいます。

その意味でも、日本の税法を徹底的に調べる必要があるし、その一環として、J税理士試験位は、超圧倒的にパスする知識は必要でしょうね。
それに、J税理士のタイトルも邪魔にはなりません。
これが、今更ながら、J税理士を勉強する理由です。

まあ、この試験に限らず、あるいは、生活全般において、「なぜ、それをやるのか?」を、常に意識していないと、モチベーションがKeepできません。
貴公子が、J税理士を今更、狙っているのは、こうしたスキームを会社で確立する為です。
頑張ります!
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿