Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2014年7月1日火曜日

(週刊貴公子) 剣はペンより強し。 

日本時間夜10時のBBCニュースで、安部政権による憲法解釈変更が、トップニュースとなっておりました。
集団的自衛権の成立です。
朝日新聞は、相変わらず感傷的な記事を書いておりますが、貴公子は、今回の憲法解釈変更は、止むを得ないと考えております。

朝日新聞の感傷的な記事はこちら。

>「憲法9条を守れ」。1日も全国で市民たちが抗議の声をあげた。その声が届か
>ない地下の会議室で歴史の歯車は回った。他国への攻撃に自衛隊が反撃する集団的
>自衛権の行使を認める閣議決定案に自民、公明両党が合意した。

まあ、朝日新聞らしいと言えば、朝日らしいですね。
相変わらず、女子中学生が書いた様なセンチメンタルに満ちた記事です。

確かに、憲法を改正する訳でもなく、解釈の変更だけで済ませてしまった、安部政権の手法は、雑ですね。
ただ、逆に言えば、それだけ切羽詰まっていると言うことなのでしょうね。

先日、飲んでいた霞が関の高級官僚は、隣の大国が尖閣どころか、沖縄侵攻から本州占領までを視野に入れていると深刻に心配しておりましたからね。
まあ、、クリミアの例を見ても、独立国家の維持に必要なのは、理想に富んだ憲法ではなく、一発の銃弾である事は明白です。
ましてや、隣の大国は、核も弾道ミサイルも、「豊富」に所有しているのですから、Military Balanceと言う意味で、我が国は既に圧倒的に負けておりますね。
憲法9条を守って、国家が滅びたら、ジョークにもなりません。

大学時代に、左翼系学生と何度か議論したが、彼らは、そもそも有事の存在を信じない。
仮に他国が侵攻してきても、「抵抗するのではなく、話し合いで解決すべきだ。」と主張しますが、甘過ぎると言うか、夢見がちな青年過ぎますね。
と言うか、そういう事を声高に主張する奴に限って、ナマの暴力の前では、「完全屈服」するんだよなあ。(笑)
一発の拳は、原稿用紙一万枚よりも、強いと言うのが、貴公子が今までの人生で感じた、哀しい現実です。

また日米安保に期待する人も、頭の中に、お花が咲いていると言わざるを得ません。
他国が侵攻して来た際に、米国の若者が、後方でぼっとしながら、寿司を食っている日本人の為に、血を流して戦う訳が無い。

まあ、色々な言葉が頭をよぎります。
「力なき正義は、無なり。」、「口先で団結を唱えても、互いに心に一致するものが無ければ、信頼関係はない。」、「血の友誼」等々。。。。
自分の国は、自分で守るしかありませんね。

兎に角、安部政権は、何かの裏情報を掴んでいるのでしょう。
そうであるからこそ、ここまで急いでいる訳です。

我が国にとって、何か不幸な事が近々、起きるのかも知れません。
貴公子は、国家存亡の時には、真っ先に駆けつけたいと思っております。

0 件のコメント:

コメントを投稿