Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2014年4月15日火曜日

母校に対して、珍しく愛着が沸いた!

母校(慶應経済)に対して、本ブログでも批判ばかり加えており、同窓生からの評判もすこぶる悪いのですが(笑)、本日の記事は、素晴らしいですね。
素直に、賞賛します。

日経記事です。→ 慶大経済学部で秋入学 16年から100人、授業は英語

(以下、引用)
=======================================
慶応大は15日、2016年から経済学部に全授業を英語で行う秋入学の新プログラムを設けると発表した。募集枠は約100人で、外部の試験や高校の成績で選抜する。海外からの志願者や学生の留学機会を増やし、世界で活躍するリーダーを育てるのが狙い。

16年9月入学の第1期生の出願は15年秋以降に複数回受け付ける。独自の筆記試験は行わず、米国の大学進学適性試験「SAT」や、海外の多くの有力大学が入学要件の一つとしている「国際バカロレア」などの成績で学力を判定。英語能力はTOEFLなど外部のテストを活用して測る。
========================================

私大も国立大も、十把一絡げに、「センター試験」を、本試験に代用するとかのバカな事ばかりやる中で、SATを学生選抜に使うと言うのは、貴公子の知る中で、慶應経済が日本で最初ですね。
革新的な事だと思う。

ただ、日本人の高校生で、SATを受験する様な人は、ハーバードやMITを目指し、東大を滑り止めにする様な、正に日本のトップ層の高校生ですから、そうした超一流どころが、「ハーバードがダメだから、慶應に行く」とは思えないのだが。。。
優秀な高校生はいるのだろうが、その超優秀層が、滑り止めの滑り止めと言えども、慶應経済を受験するのかなあ。。。。

下手すると、SATの受験会場に行って、名前さえ書いてくれば、超低得点でも、慶應経済なんかは合格できると言う、大学にとって、想定外の事が起きたりするかもね。

まあ、兎に角、革新的な試みですから、嫌味を言うのは、止めましょう。
本件に関しては、珍しくですが、陰ながら、母校の試行錯誤を応援します。
頑張れ! 慶應!!!

合わせて読みたい。
→ 【激白】清家慶應大学長へ。 「学問のススメ」を読み見返し、慶應幼稚舎廃止を即断せよ!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿