Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2013年11月14日木曜日

【週刊貴公子】 朝鮮日報の記事に、韓国政府の意思を見た!

韓国内の一流紙とて位置づけられている、朝鮮日報(日本語版)に驚きの記事が載っております。
これです。→ 【コラム】日本を見る目、世界が馬鹿なのか

韓日関係が悪化して以降、米国ワシントンの当局者、専門家の考えは『韓国が強硬過ぎる』という方向に傾いているという。」と言う文で始まる記事ですが、従来の「反日無罪的姿勢」(反日なら、どんな内容の記事でもOK!)とは打って変わった自省的で冷静な記事です。

>1965年6月22日に結ばれた韓日基本条約と同時に、韓日は請求権に関する問題が
>「完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する」との点で合意した。
>「1945年8月15日以前に生じた事由に基づくものに関しては、いかなる主張もすることが
>できないものとする」とも明記された。
>ところが、韓国の裁判所は最近、日本に再び賠償を命じる判決を下した。韓国と同様の内容
>で日本と請求権協定を結んだアジア4カ国ではそういうことは起きていない。韓国が日本帝国
>主義によって受けた被害が他国よりはるかに大きいのは事実だが、国際社会は韓国を状況
>次第で国際的な約束まで覆す国として捉えているようだ。

朝鮮日報は、長らく目を通しているが、対日政策において、自国の過ちを冷静に指摘している記事を、貴公子は初めて目にしました。
また、上記記事が、韓国語版だけではなく、日本語版に載ったことも重要です。
これは、戦時徴用工の問題は、韓国国内で近年、重要な政治問題となっているが、「韓国の知的エリート層は、韓国内の現行の反日風潮に、無条件で賛同している訳でない。」と言う、韓国政府のメッセージを、日本国民に伝えようとする意思が感じられます。

最近、入ってくる情報に拠れば、韓国内の観光業は勿論、その他、日本関係のビジネスも冷え込み始めており、韓国政府としては、潮目を変えたいと言うのが本音でしょうね。

難しいのは、日本側の対応です。
ここで、「韓国が折れた!勝った!」と調子づくのではなく、相手国の面子を立てながらも、こちらの主張を通してゆくと言う、自重した冷静な対応が求められております。

韓国企業文化や韓国大衆文化を愛する貴公子にとっては、重要な記事です。
この朝鮮日報の記事を、韓国政府からのメッセージと受け取って、我が国政府は、真摯に対応して貰いたいと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿