Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

2013年10月25日金曜日

【USCPA】 グアム大学での会計単位取得作業

ワシントン州でのライセンス取得作業中です。
Ethicsを満点でPASSしたのが、10月上旬。
Ethicsパス後は、ぼっ~と過ごしていたのですが、今日から、また少しネジを巻きます。
と言う訳で、大学での不足会計単位を、「後付け」にて取得中です。

ただ、この「後付け単位取得」は、貴公子が受験したメイン州でも今は、効かない様です。
つまり、メイン州でも、不足単位があると受験資格自体が発生しない様に、ルール変更がされてしまった筈ですので、これから受験を考えている人には、参考にならない記事かも知れませんね。

グアム大学での単位取得作業は、極めて単純です。
貴公子は、ライセンス取得サポートに、プロアクティブと言う予備校のコンサルを使っておりますが、要は、ネットでグアム大学のサイトにアクセスして、該当科目の試験を受けるだけです。
試験前にちょっとした、ネット授業でもあるのかと思っていたのですが、それも無しです。

それに、試験と言っても、勿論、USCPA試験本番の様に、広範囲ではありません。
出題範囲は、細分化された上、明示されているし、、ほぼ全問が、BISKの最新Editionからの出題となります。
(つまり、BISKの該当部分のMC部分を、100題位解いておけば、それと同じ問題が、一科目50分の試験の中で、25題、出題されます。)

ここで、気になるのは、「自宅からのネット受験だし、出題問題も決まっているので、分からない問題に遭遇したら、その時にBISKを開くなり、Netで検索するなりして、解答を探せばいいじゃん。」と言う、みんなが考える事ですね。
因みに、グアム大学の試験要項を見る限り、試験中に、BISKをReferしてはダメとは書いてはおりませんね。
まあ、これだけゆるゆるの試験の上、合格点は、たった50点だから、貴公子的には、ズルする気はありませんがねえ。(笑)

兎に角、各科目の該当部分を1時間~2時間位、ざっと勉強してから、試験を受けようと考えているのですが、USCPA試験が終わった今となっては、「30分の勉強」が苦痛ですね。(大笑)
ちょっと前まで、平日4時間、休日7~10時間は、余裕で勉強していたのにねえ。

まあ、真面目にやります。
今度の週末に完成させたい。
また、報告します。

今日の名曲 → 1983年リリースの当時の大ヒット曲、杏里の「悲しみが止まらない。」
           永遠の名曲「オリビアを聴きながら」杏里(ANRI)
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 資格ブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿